ニュース

黒羽麻璃央×足立梨花の実写映画『アヤメくん』 主題歌&挿入歌はedda

『アヤメくんののんびり肉食日誌』 ©2017町麻衣/祥伝社/映画「アヤメくんののんびり肉食日誌」製作委員会
『アヤメくんののんびり肉食日誌』 ©2017町麻衣/祥伝社/映画「アヤメくんののんびり肉食日誌」製作委員会

映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』の主題歌と挿入歌が発表された。

10月7日から全国公開される同作は、町麻衣が『FEEL YOUNG』で連載中の同名漫画を原作にする恋愛映画。ある大学の生物学科の研究室を舞台に、一見「草食系男子」だが、先輩の椿と出会ったことで恋愛に目覚め、椿に「肉食系」のアプローチをするアヤメと、恋愛に積極的に見えるが、以前太っていたことをコンプレックスに持つ椿の駆け引きを描く。

主題歌と挿入歌を務めるのは、10月11日リリースのシングル『チクタク』でメジャーデビューを果たすedda。主題歌の“ディストランス”、挿入歌の“魔法”は共に『チクタク』のカップリング曲として収録される。なお同作のタイトル曲“チクタク”は日本テレビほかで放送されるタツノコプロ55周年記念アニメ『Infini-T Force』のエンディングテーマとなっている。

アヤメ役の黒羽麻璃央は楽曲について「eddaさんの不思議でホッコリとする雰囲気とアヤメくんの雰囲気がピッタリとハマっていますしなんだろマシュマロ的な?」とコメント。椿役の足立梨花は「完成した映画を観て、まずみんなが『あの歌誰が歌ってるんですか?』と監督に聞いていました。それぐらい、アヤメくんの世界観にもピッタリで…」と振り返っている。芝崎弘記監督はエンディングで使用される“ディストランス”について、「聴けば聴くほど、主人公とヒロインの恋が走りだすシーンでこの楽曲を使いたいと思いにかられ、映画音楽の表現としては異例の本編中、同一曲が二回流れる展開になった」と明かしている。

黒羽麻璃央のコメント

eddaさんの不思議でホッコリとする雰囲気とアヤメくんの雰囲気がピッタリとハマっていますしなんだろ
マシュマロ的な?
主題歌の「ディストランス」を聞いて恋をすると自分の世界がその人に染められていく模様や「恋に落ちた僕の心臓を食べて」この表現に全部持っていかれましたね。
恋って心臓をえぐられる感覚とかありますもんね。

「魔法」は挿入歌なだけあって椿ちゃんとアヤメくんの心情がのってると思います。
優しさと切なさ聴きながら撮影期間中の椿ちゃんへの思いがふつふつとまた沸騰してます。

足立梨花のコメント

完成した映画を観て、まずみんなが「あの歌誰が歌ってるんですか?」と監督に聞いていました。
それぐらい、アヤメくんの世界観にもピッタリで…
すごく気になる歌で…こんな素敵な曲が主題歌で嬉しいです!
この映画とともに、早くみなさんにもこの曲を聴いてほしいと思いました。

芝崎弘記監督のコメント

映画の主題歌を依頼するにあたり「観た人すべてが、ハッピーになれる曲」をお願いした。
eddaから紡ぎ出された曲「ディストランス」は、まさに“恋が走りだす”イメージそのものだった。
当初はエンディングテーマのみでの起用を考えていたが、聴けば聴くほど、主人公とヒロインの恋が走りだすシーンでこの楽曲を使いたいと思いにかられ、映画音楽の表現としては異例の本編中、同一曲が二回流れる展開になった。
他のアーティストが敢えて詞にしないところを、少し違った目線で真っ直ぐに伝えてくるeddaの世界観。
確実に聴く人の心を掴むその歌声は、これから多くの人の感情を揺さぶるだろう。

edda『チクタク』収録内容

[CD]
1. チクタク
2. ディストランス
3. 魔法
[DVD]
1. チクタク(Music Video)
2. 半魚人(Music Video)
3. 不老不死(Music Video)
※DVDは初回限定盤のみ

『アヤメくんののんびり肉食日誌』ポスタービジュアル ©2017町麻衣/祥伝社/映画「アヤメくんののんびり肉食日誌」製作委員会
『アヤメくんののんびり肉食日誌』ポスタービジュアル ©2017町麻衣/祥伝社/映画「アヤメくんののんびり肉食日誌」製作委員会
『アヤメくんののんびり肉食日誌』 ©2017町麻衣/祥伝社/映画「アヤメくんののんびり肉食日誌」製作委員会
『アヤメくんののんびり肉食日誌』 ©2017町麻衣/祥伝社/映画「アヤメくんののんびり肉食日誌」製作委員会
edda
edda
edda『チクタク』初回盤ジャケット
edda『チクタク』初回盤ジャケット
edda『チクタク』通常盤ジャケット
edda『チクタク』通常盤ジャケット
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」