大林宣彦の特集上映に『時かけ』『転校生』など30本 常盤貴子らのトークも

特集上映『新作「花筐/HANAGATAMI」完成記念! ワンダーランドの映画作家 大林宣彦映画祭2017』が、9月3日から東京・池袋の新文芸坐で開催される。

大林宣彦監督の新作映画『花筐/HANAGATAMI』の完成を記念して開催される同イベント。上映作品には『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』『ふたり』『異人たちとの夏』『理由』といった代表作をはじめ、短編作品『喰べた人』『EMOTION=伝説の午後=いつか見たドラキュラ』、テレビドラマ『可愛い悪魔』『麗猫伝説』など30本がラインナップしている。

会期中には秋吉久美子、寺島咲、中江有里、高柳良一、大場久美子、常盤貴子がそれぞれ登壇するトークイベントを開催。聞き手は樋口尚文が担当する。また9月30日には新文芸坐でオールナイト上映イベント『大林宣彦映画祭2017アンコール ワンダーナイト編』を開催。詳細は新文芸坐のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『新作「花筐/HANAGATAMI」完成記念! ワンダーランドの映画作家 大林宣彦映画祭2017』

2017年9月3日(日)~9月17日(日) 会場:東京都 池袋 新文芸坐
上映作品: 『可愛い悪魔』(監督:大林宣彦) 『異人たちとの夏』(監督:大林宣彦) 『淀川長治物語・神戸篇 サイナラ』(監督:大林宣彦) 『青春デンデケデケデケ』(監督:大林宣彦) 『廃市』(監督:大林宣彦) 『はるか、ノスタルジィ』(監督:大林宣彦) 『日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群』(監督:大林宣彦) 『北京的西瓜』(監督:大林宣彦) 『麗猫伝説』(監督:大林宣彦) 『恋人よわれに帰れ LOVER COMEBACK TO ME』(監督:大林宣彦) 『マヌケ先生』(監督:大林宣彦) 『理由』(監督:大林宣彦) 『ねらわれた学園』(監督:大林宣彦) 『時をかける少女』(監督:大林宣彦) 『あした』(監督:大林宣彦) 『ふたり』(監督:大林宣彦) 『あの、夏の日 ~とんでろ じいちゃん~』(監督:大林宣彦) 『女ざかり』(監督:大林宣彦) 『姉妹坂』(監督:大林宣彦) 『野ゆき山ゆき海べゆき<カラー版>』(監督:大林宣彦) 『彼のオートバイ、彼女の島』(監督:大林宣彦) 『天国にいちばん近い島』(監督:大林宣彦) 『この空の花 長岡花火物語』(監督:大林宣彦) 『喰べた人』(監督:大林宣彦) 『EMOTION=伝説の午後=いつか見たドラキュラ』(監督:大林宣彦) 『瞳の中の訪問者』(監督:大林宣彦) 『HOUSE ハウス』(監督:大林宣彦) 『さびしんぼう』(監督:大林宣彦) 『転校生』(監督:大林宣彦) 『野のなななのか』(監督:大林宣彦) 料金:一般1,350円 学生1,250円 友の会・シニア1,100円 ラスト1本一般900円 ラスト1本友の会・シニア850円 ※各日2本立て上映(9月14日、9月17日を除く)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 大林宣彦の特集上映に『時かけ』『転校生』など30本 常盤貴子らのトークも

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて