渋谷慶一郎の新作オペラ『Scary Beauty』世界初演、アンドロイドが歌う

渋谷慶一郎による新作オペラ『Scary Beauty』が、9月30日と10月1日にオーストラリア・アデレードのSpace Theatre Adelaide Festival Centreで初演される。

同作はアートフェスティバル『OzAsia Festival』内で上演。渋谷慶一郎がコンセプト、作曲、ディレクション、指揮、ピアノを手掛け、アンドロイドのソロボーカリストとオーケストラが共演する。渋谷慶一郎が新作オペラを発表するのは、2012年に初演されたボーカロイドオペラ『THE END』以来となる。

ソロボーカリストを務めるアンドロイドは、「米朝アンドロイド」などで知られるロボット研究者の石黒浩によって開発され、複雑系研究者の池上高志との共同研究によって人間に近い運動の自由度を獲得した「Skelton」。ステージ上での動作や運動は事前にプログラムされたものではなく、オーケストラの演奏に反応してリアルタイムで生成される。生成には、人間の脳内のニューロンを模したモデルから構成されたスパイキングニューラルネットワークを用いている。

楽曲はミシェル・ウエルベック、三島由紀夫、ウィリアム・バロウズの作品から抜粋し、コラージュされたテキストによる3曲から構成。テキストは人類絶滅後の地上でアンドロイドが歌い続ける情景を想定して選ばれたという。アンドロイドの衣装は、デザイナー・阿倍千登勢を擁するsacaiが担当。

  • HOME
  • Music
  • 渋谷慶一郎の新作オペラ『Scary Beauty』世界初演、アンドロイドが歌う

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて