ニュース

ユダヤ人歴史学者とホロコースト否定論者の法廷対決 映画『否定と肯定』

映画『否定と肯定』が12月8日から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。

ユダヤ人の歴史学者デボラ・E・リップシュタットの原作『否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる戦い』をもとにした同作。リップシュタットが自著『ホロコーストの真実』の中で、大量虐殺はなかったとするホロコースト否定論者デイヴィッド・アーヴィングの主張を否定したことをきっかけに始まった裁判の行方を描く。

デボラ・E・リップシュタット役にレイチェル・ワイズ、リップシュタットと対峙するデイヴィッド・アーヴィング役にティモシー・スポール、年長弁護士役にトム・ウィルキンソンがキャスティング。ユダヤ人の血が流れるワイズは撮影前にリップシュタットに何度も会い、リップシュタットの思考や信念、彼女の特性や性格を把握し、演技に臨んだという。メガホンを取ったのは『ボディガード』のミック・ジャクソン。原題は『DENIAL』。

なお10月末には、現在もアメリカ・アトランタのエモリー大学で教鞭を執る原作者デボラ・E・リップシュタットが来日。11月17日には翻訳書『否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる戦い』が刊行される予定だ。

『否定と肯定』ポスタービジュアル ©DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
『否定と肯定』ポスタービジュアル ©DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
左からレイチェル・ワイズ、デボラ・E・リップシュタット
左からレイチェル・ワイズ、デボラ・E・リップシュタット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音