ニュース

新木優子&清原翔が同僚役 山戸結希監督のカネボウ「suisai」ウェブドラマ

カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より

山戸結希が監督を務めるウェブドラマ『わたしのままで』が公開された。

『わたしのままで』はカネボウ化粧品のスキンケアシリーズ「suisai」のキャンペーンの一環で制作されたもの。現在フジテレビ系のドラマ『コード・ブルー』に出演中の新木優子が新たなイメージキャラクターに起用されている。

新木優子が演じるのは都心のオフィスで働く入社3年目の会社員。自信が持てない主人公が「suisai」でスキンケアをすることで前向きな気持ちになり、次第に自信を持っていく様が描かれている。主人公を見守る同僚役を『MEN'S NON-NO』専属モデルの清原翔が演じている。

主演を務めた新木優子は同作について「『自分は途中でやめちゃいそうになるタイプだからやらない』という人も、一歩踏み出してもらえるような、そんな作品になっています」とコメント。共演の清原翔は「これを観て前進できる人が増えたらいいなと思います」とのコメントを寄せている。

また山戸結希監督は「現代社会で生活する女性は、一歩踏み出したいけれどまだそうは出来ない、境界線というか、ギリギリのところで闘っていると私は感じています。この作品の主人公は一歩引いているように見えるけれども、目の奥には眠っている意志があるはずです。ふとした一瞬に、いま大活躍されている新木さん自身の、意志のある美しいまなざしと重なるような作品になっていることを願います」と語っている。

新木優子のコメント

今回のドラマは、大きな変化があるというよりは、些細な事がきっかけで、日々の積み重ねにより女性が少しずつ変わっていくという作品になっています。
コツコツ日々努力することが大切なことなんだよ、というメッセージを、この作品を通して伝えられたらと思っています。「自分は途中でやめちゃいそうになるタイプだからやらない」という人も、一歩踏み出してもらえるような、そんな作品になっています。

清原翔のコメント

自分に自信が無い人がいたら、前に進むきっかけになるようなものが、物語の中に散りばめられている気がするので、これを観て前進できる人が増えたらいいなと思います。

山戸結希監督のコメント

本作は、主人公が1歩、いや0.5歩だけ前に進もうとする気持ちを、細やかな「表情」で映しています。繊細な変化を表現するというテーマのもと、音、光、演技の、小さな部分を大切にした映像を目指しました。主人公が「suisai」でスキンケアをし、少しでも自信がついて表情に変化が生まれていくシーンを通じて、見てくれた方に新しい発見をしていただけたならと思います。
撮影前に、主演の新木さんとは、今この地点から、前に進もうとしている人達を応援する作品に出来ればとお話させていただきました。現代社会で生活する女性は、一歩踏み出したいけれどまだそうは出来ない、境界線というか、ギリギリのところで闘っていると私は感じています。この作品の主人公は一歩引いているように見えるけれども、目の奥には眠っている意志があるはずです。ふとした一瞬に、いま大活躍されている新木さん自身の、意志のある美しいまなざしと重なるような作品になっていることを願います。

カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
カネボウ化粧品「suisai」ウェブドラマ『わたしのままで』より
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業