ニュース

カオス*ラウンジ『Vapor地獄』展 荒渡巌、TYM344、今井新ら30組超参加

グループ展『カオス*ラウンジ9「Vapor地獄」』が、9月9日から東京・表参道のビリケンギャラリーで開催される。

藤城嘘が企画し、2009年から開催されているカオス*ラウンジのグループ展。今年で9年目を迎える。

出展作家には、梅ラボこと梅沢和木や藤城嘘をはじめ、荒渡巌、山内祥太、TYM344、みなはむ、今井新、乙うたろう、KOURYOUを含む30組超の彫刻家、写真家、映像作家、イラストレーターらが名を連ねる。タイトルにある「Vapor」は2010年代以降から音楽シーンを中心に巻き起こった「Vaporwave」のムーブメントに触発されているという。会期初日の9月9日にはオープニングレセプションが行なわれる。

『カオス*ラウンジ9「Vapor地獄」』メインビジュアル
『カオス*ラウンジ9「Vapor地獄」』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)