ニュース

松本美枝子の写真展『ここがどこだか、知っている。』 トークイベントも

松本美枝子『考えながら歩く』マルチスライドプロジェクション、音(2017)
松本美枝子『考えながら歩く』マルチスライドプロジェクション、音(2017)

松本美枝子の写真展『ここがどこだか、知っている。』が9月29日まで東京・銀座のガーディアン・ガーデンで開催されている。

1974年に茨城で生まれた写真家の松本美枝子。生と死、日常をテーマに据え、写真とテキストによる作品を発表している。2005年に写真集『生あたたかい言葉で』で『平間至写真賞』を受賞。主著に谷川俊太郎との共著『生きる』がある。7月から『Reborn-Art Festival 2017』に参加。

同展は、ガーディアン・ガーデンの公募展入選者の活動を伝える「The Second Stage at CG」シリーズの第46回目として開催。2011年の東日本大震災直後から現在までに各地で撮影された写真や、新作のスライドショーなどを展示する。

会期中には、増田玲と松本美枝子によるトークイベント『写真が物語れることとは何か』、中崎透、森山純子、松本によるトークイベント『アート・ビオトープ~芸術環境としての水戸のこと~』、港千尋と松本によるトークイベント『土地と時間を考える~写真とフィールドワーク~』を開催。参加方法などの詳細はガーディアン・ガーデンのオフィシャルサイトで確認しよう。

松本美枝子のコメント

「考えながら歩く」制作メモより
あの日から私たちは、実に多くのものを失ってきた。
本当のことを言うと、別にあの日の前からだって、それはそうだったのだけども、あの日を境に私たちは、自分たちが作り上げてきた時間帯を『失う』こともある、ということを、急に思い出したんだと思う。
どこで生まれても、いつの時代に生まれたとしても、人生はいつも同じだ、と私たちは言い切れるだろうか。
私たちはいまや夢から覚めた。
忘れたままでいるよりは、そのほうが良いんだろ、と思いながら、私たちは地面の上をあてどなく歩く。

松本美枝子『考えながら歩く』マルチスライドプロジェクション、音(2017)
松本美枝子『考えながら歩く』マルチスライドプロジェクション、音(2017)
松本美枝子『考えながら歩く』マルチスライドプロジェクション、音(2017)
松本美枝子『考えながら歩く』マルチスライドプロジェクション、音(2017)
松本美枝子『考えながら歩く』マルチスライドプロジェクション、音(2017)
松本美枝子『考えながら歩く』マルチスライドプロジェクション、音(2017)
松本美枝子『海は移動する』(1:古生代ゴンドワナ超大陸の海底あるいは高鈴山)(2017)
松本美枝子『海は移動する』(1:古生代ゴンドワナ超大陸の海底あるいは高鈴山)(2017)
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)