松本美枝子の写真展『ここがどこだか、知っている。』 トークイベントも

松本美枝子の写真展『ここがどこだか、知っている。』が9月29日まで東京・銀座のガーディアン・ガーデンで開催されている。

1974年に茨城で生まれた写真家の松本美枝子。生と死、日常をテーマに据え、写真とテキストによる作品を発表している。2005年に写真集『生あたたかい言葉で』で『平間至写真賞』を受賞。主著に谷川俊太郎との共著『生きる』がある。7月から『Reborn-Art Festival 2017』に参加。

同展は、ガーディアン・ガーデンの公募展入選者の活動を伝える「The Second Stage at CG」シリーズの第46回目として開催。2011年の東日本大震災直後から現在までに各地で撮影された写真や、新作のスライドショーなどを展示する。

会期中には、増田玲と松本美枝子によるトークイベント『写真が物語れることとは何か』、中崎透、森山純子、松本によるトークイベント『アート・ビオトープ~芸術環境としての水戸のこと~』、港千尋と松本によるトークイベント『土地と時間を考える~写真とフィールドワーク~』を開催。参加方法などの詳細はガーディアン・ガーデンのオフィシャルサイトで確認しよう。

松本美枝子のコメント

「考えながら歩く」制作メモより
あの日から私たちは、実に多くのものを失ってきた。
本当のことを言うと、別にあの日の前からだって、それはそうだったのだけども、あの日を境に私たちは、自分たちが作り上げてきた時間帯を『失う』こともある、ということを、急に思い出したんだと思う。
どこで生まれても、いつの時代に生まれたとしても、人生はいつも同じだ、と私たちは言い切れるだろうか。
私たちはいまや夢から覚めた。
忘れたままでいるよりは、そのほうが良いんだろ、と思いながら、私たちは地面の上をあてどなく歩く。

イベント情報

松本美枝子
『ここがどこだか、知っている。』

2017年9月5日(火)~9月29日(金) 会場:東京都 銀座 ガーディアン・ガーデン
時間:11:00~19:00 休廊日:日曜、祝日 料金:無料 『写真が物語れることとは何か』 2017月9月14日(木) 会場:東京都 銀座 ガーディアン・ガーデン 出演: 増田玲 松本美枝子 料金:無料(要予約) 『アート・ビオトープ~芸術環境としての水戸のこと~』 2017月9月21日(木) 会場:東京都 銀座 ガーディアン・ガーデン 出演: 中崎透 森山純子 松本美枝子 料金:無料(要予約) 『土地と時間を考える~写真とフィールドワーク~』 2017月9月26日(火) 会場:東京都 銀座 ガーディアン・ガーデン 港千尋 松本美枝子 料金:無料(要予約)
  • HOME
  • Art,Design
  • 松本美枝子の写真展『ここがどこだか、知っている。』 トークイベントも

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて