ニュース

岡村靖幸が主題歌書き下ろし 萩本欽一のドキュメンタリー映画予告編

『We Love Television?』 ©2017日本テレビ放送網
『We Love Television?』 ©2017日本テレビ放送網

映画『We Love Television?』の主題歌が岡村靖幸“忘らんないよ”に決定。同曲を使用した予告編が公開された。

同作は萩本欽一の新番組制作に2011年から密着したドキュメンタリー映画。監督を『電波少年』シリーズなどを手掛けた土屋敏男が務め、共演者として田中美佐子、河本準一(次長課長)、高須光聖らが参加している。番組セットは猪子寿之率いるチームラボが担当。

“忘らんないよ”は岡村靖幸による書き下ろし楽曲。土屋敏男監督は、「本当は岡村さんのこれまで出しているアルバムの中の既成曲を使わせて欲しいとお願いに行ったんです」「何と!書き下ろしたい!!!という身に余る光栄な話をいただいて書いていただいたのがこの主題歌『忘らんないよ』です」と明かしている。なお同曲は、10月18日リリースの岡村靖幸プロデュースによるDAOKOのシングル『ステップアップ LOVE』の通常盤Bに、カップリング曲として収録される。

岡村靖幸は『We Love Television?』について、「暖かいご飯と家族の団欒の場所に必ず欽ちゃんがいた。その頃、王、長島のように圧倒的なヒーローだった欽ちゃん。ネットもビデオないあの時代。どれだけテレビに救われたのだろう?」とコメントを寄せている。

予告編では、番組制作に取り組む萩本欽一が「全部新しいのやってくれる?」「テレビでこういうことはしたくないの」などと発言する様子や、共演者の田中美佐子、河本準一、高須光聖、猪子寿之、新たに出演が明らかになった和田彩花(アンジュルム)、稲葉友らの姿が確認できる。

岡村靖幸のコメント

暖かいご飯と家族の団欒の場所に必ず欽ちゃんがいた。その頃、王、長島のように圧倒的なヒーローだった欽ちゃん。
ネットもビデオないあの時代。どれだけテレビに救われたのだろう?

土屋敏男監督のコメント

本当は岡村さんのこれまで出しているアルバムの中の既成曲を使わせて欲しいとお願いに行ったんです。
それでまだ荒編状態の映像をお預けしたら何と!書き下ろしたい!!!という身に余る光栄な話をいただいて書いていただいたのがこの主題歌「忘らんないよ」です。
今までテレビをたくさん作って来て、その中にたくさん音楽を使って来たので初監督の映画は一曲だけを最後に使いたい。
その音楽自体の強さを最後にぶつけたいと思っていたので最高の曲を岡村さんに作ってもらえたと思っています。

岡村靖幸
岡村靖幸
『We Love Television?』ポスタービジュアル ©2017日本テレビ放送網
『We Love Television?』ポスタービジュアル ©2017日本テレビ放送網
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)