ニュース

せきやゆりえの個展『ギャルと曼荼羅』 「ギャル」がモチーフの新作を展示

『ギャルと曼荼羅』メインビジュアル
『ギャルと曼荼羅』メインビジュアル

せきやゆりえの個展『ギャルと曼荼羅』が、9月16日から東京・淡路町のAWAJI Cafe & Galleryで開催される。

せきやゆりえは1987年に生まれたアーティスト。アナログとデジタルを駆使して、主に動物や少女を描いてきた。また上坂すみれのジャケットデザインや、アーバンギャルドのグッズデザインをはじめ、数多くのアーティストとコラボレーションを行なっている。

同展は、せきやゆりえにとって初めての挑戦となる「ギャル」をモチーフとした作品を展示。全てが新作の絵画となる。せきやは現代において一見普通の女の子が「ギャル」と呼ばれる理由を、彼女たちのファッション性とアヴァンギャルドなアイデンティティを示す呼称であると捉えて作品を制作したという。

展示初日の9月16日にはオープニングレセプションが開催。また9月23日には、せきやゆりえによるライブペイントも実施される。

『ギャルと曼荼羅』ビジュアル
『ギャルと曼荼羅』ビジュアル
せきやゆりえ作品
せきやゆりえ作品
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)