ニュース

岡田将生扮する自己愛男「伊藤くん」初公開 映画『伊藤くん A to E』映像

『伊藤くん A to E』 ©「伊藤くん A to E」製作委員会
『伊藤くん A to E』 ©「伊藤くん A to E」製作委員会

2018年初春に全国公開される映画『伊藤くん A to E』のスポット映像が公開された。

柚木麻子の同名小説をもとにした『伊藤くん A to E』は、容姿端麗だが、自意識過剰で無神経な男・伊藤誠二郎と、彼に振り回されるAからEまでの5人の女性を描く物語。伊藤役を岡田将生、AからDまでの女性の恋愛相談に乗りながら、自身の再起をかけた新作ドラマのネタに利用しようとする落ち目の脚本家で、Eの女にあたる矢崎莉桜役を木村文乃が演じる。現在、木村演じる矢崎莉桜を主人公にしたテレビドラマ版がTBS、MBSで放送、Netflixで配信中。

今回公開されたスポット映像では、莉桜が紙を撒き散らす場面や、伊藤が笑みを浮かべる様子、佐々木希演じるAの女、志田未来演じるBの女、池田エライザ演じるCの女、夏帆演じるDの女、田中圭演じるドラマプロデューサー・田村伸也らの姿に加え、「目を覚ませ、こんな男のどこがいいのか―」というキャッチコピーなどが確認できる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)