ニュース

『台湾のCDジャケットデザイン』展に5作家参加 CDの試聴&購入も可能

『「台湾のCDジャケットデザイン」展』メインビジュアル
『「台湾のCDジャケットデザイン」展』メインビジュアル

展覧会『「台湾のCDジャケットデザイン」展』が、9月16日から東京・赤羽橋のNIBUNNOで開催される。

台湾で活動する5人のグラフィックデザイナーが手掛けたCDジャケットを紹介する同展。会場ではCDの試聴や購入も可能となる。出展デザイナーにはアーロン・ニエ、ジョーファン、シャオツー、ブレーク、イェン・ボージュンが名を連ねている。

期間中には作家によるトークイベント『音楽の世界観からビジュアル化までの発想プロセス』を実施。10月8日にはジョーファン、10月21日にはアーロン・ニエが登壇する。予約は9月16日から会場で受け付ける。

なお会場のNIBUNNOは、「泊まれるギャラリー」をコンセプトに台湾のデザイン事務所・BXGが6月にオープンした複合施設となる。

アーロン・ニエ作品
アーロン・ニエ作品
ジョーファン作品
ジョーファン作品
シャオツー作品
シャオツー作品
画像を拡大する(17枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)