ニュース

カップヌードル新CM「ハイジ篇」 曲はバンプ&声優に石井杏奈、神谷浩史

カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より

カップヌードルの新CM「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」が、本日9月14日から放送されている。

「青春」をテーマにしたカップヌードルのプロモーションプロジェクト「HUNGRY DAYS」シリーズ。6月から放送された第1弾「魔女の宅急便 篇」は、角野栄子の小説『魔女の宅急便』をもとに、高校生になったキキたちをアニメーションで描いた。

第2弾となる「アルプスの少女ハイジ 篇」では、『アルプスの少女ハイジ』のハイジとクララを日本の女子校に通う16歳の少女に設定。学校の人気者で読者モデルも務めるクララを羨むハイジが、別の学校に通う幼なじみのペーターに悩みを打ち明けると、ペーターが「今のハイジが好きだ」と告白するというストーリーだ。

ハイジ役の声優を石井杏奈(E-girls)、クララ役を雨宮天、ペーター役を神谷浩史が担当。キャラクターデザインは第1弾に引き続き、漫画家の窪之内英策が手掛け、CMソングも前回同様にBUMP OF CHICKENの楽曲“記念撮影”が使用されている。

石井杏奈は声優への挑戦を振り返り「絵に合わせた速度で話すところが1番苦戦しました。声だけでのお芝居ですが、明るく話すときは表情も明るくしてみたり自分なりにできることを工夫しながら取り組みました」と明かしているほか、CMのオファーを受けた感想について「声優は初の挑戦でしたので、どのようになるのか不安でしたが、自分の最大限を出し切ろうと気合い十分で挑みました!テレビで『魔女の宅急便』篇も拝見していたので、今回、声優をさせていただきとても嬉しかったです!」とコメントしている。

石井杏奈(E-girls)のコメント

声優に挑戦して難しかった点や工夫した点
難しかった点はたくさんありましたが、絵に合わせた速度で話すところが1番苦戦しました。
声だけでのお芝居ですが、明るく話すときは表情も明るくしてみたり自分なりにできることを工夫しながら取り組みました。
より良いものにするべく、監督含めスタッフの皆さんと時間をかけて作りました。

CMのオファーを受けた感想
声優は初の挑戦でしたので、どのようになるのか不安でしたが、自分の最大限を出し切ろうと気合い十分で挑みました!
テレビで「魔女の宅急便」篇も拝見していたので、今回、声優をさせていただきとても嬉しかったです!

「青春」にまつわるエピソード
映画「心が叫びたがってるんだ。」の撮影中は青春を凄く感じました。ミュージカルシーンの練習で撮影終わりや撮影がない日に皆んなで集まって汗水流して練習して、最後お客さんの前で披露しました。
大変なことも多かったですが、達成感も凄くあって青春を感じた撮影でした。

視聴者へのメッセージ
このCMが多くの方の目に触れ、淡い恋心を持った皆さんの心に残るCMになることを願っています。
カップヌードルと一緒に皆さんの青春を盛り上げます!
是非みてください!

カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
カップヌードル「HUNGRY DAYS アルプスの少女ハイジ 篇」より
画像を拡大する(35枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)