ニュース

テレ東の不倫ドラマ『フリンジマン』に筧美和子、佐津川愛美、板野友美ら

『フリンジマン』ゲスト出演者 ©テレビ東京
『フリンジマン』ゲスト出演者 ©テレビ東京

10月7日からテレビ東京系で放送される連続ドラマ『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』の追加キャストが発表された。

青木U平の漫画『フリンジマン』をもとにした同作は、都会の片隅にある雀荘に集まった田斉、満島、安吾の冴えない3人の男が「愛人同盟」を結成し、愛人作りの術をレクチャーする「愛人教授」の井伏真澄に課されたミッションを遂行していくというあらすじだ。井伏役を板尾創路が演じるほか、大東俊介、淵上泰史、森田甘路、東幹久らが共演する。

今回発表されたのは、愛人のターゲットとなる女性たちを演じるゲスト出演者。大東駿介演じる田斉の後輩・山口詠美役の筧美和子、デパートの店舗案内係として勤務する川上ミエ役の佐津川愛美、キャバクラ嬢・江口カオリ役の岸明日香、アナウンサー志望の女子大生・綿貫リサ役の小倉優香、愛人同盟の3人が料理教室で出会うお嬢様・阿川久利栖役の板野友美が名を連ねている。また、愛人同盟の集合場所である雀荘に入り浸る謎の女性・桐野夏美をMEGUMIが演じる。

筧美和子は同作について、「台本読んで初めて不倫の話だと気づきました。でも嫌な感じはせず、すごく笑えるし、微笑ましくて後味が良かったので“ぜひやりたいです”とお話ししました。詠美はターゲット側なので、気持ちが悟られないようにシーン毎に気を付けて演じています」とコメント。佐津川愛美は「“礼節をもって不倫をする”というところが、面白いなと思いました(笑)。個人的には、愛人のターゲットになるという事はイヤですが(笑)。ただこのドラマの不倫は、男性がみんな真面目で一生懸命なので、そこが面白いのかなと思います」、岸明日香は「今までの不倫ドラマとは180度違う作品だと思うし、台本を読んだ時は、爆笑するくらいおもしろかったので、皆さんにも笑って見てもらえたら嬉しいです」とそれぞれ作品の魅力をアピールしている。

筧美和子のコメント

最初は内容をまだ聞いておらず、タイトルも「フリンジマン」とカタカナだったので、台本読んで初めて不倫の話だと気づきました。でも嫌な感じはせず、すごく笑えるし、微笑ましくて後味が良かったので“ぜひやりたいです”とお話ししました。詠美はターゲット側なので、気持ちが悟られないようにシーン毎に気を付けて演じています。
男性たちが恋する青年のようにドキドキしたり一生懸命な姿を見ると、不倫という形ですが恋をする気持ちには変わりなくて純愛に思えてくるのはこのドラマならではの不思議な感覚でした。

佐津川愛美のコメント

台本を読んだ時は、“礼節をもって不倫をする”というところが、面白いなと思いました(笑)。個人的には、愛人のターゲットになるという事はイヤですが(笑)。ただこのドラマの不倫は、男性がみんな真面目で一生懸命なので、そこが面白いのかなと思います。ミエは職業柄ずっとニコニコしているのですが、そこがミエの魅力なので、うまく出せたらいいなと思います。男性が誘いたくなるような、可愛い女の子を意識して演じたいと思います。楽しんでもらえる作品になったらいいなと思います。

岸明日香のコメント

このご時世、不倫というテーマのドラマで、さすがテレビ東京さんはチャレンジャーだなと思いました(笑)。これからクランクインなのですが、不倫ドラマで愛人役だとお聞きした時は、もっとドロドロしたものを妄想していたのですが、実際は、コメディタッチに描かれていて、どんな展開になるのか想像ができないですが、新しいアトラクションに乗るような気持ちで、楽しんで挑みたいと思います。今までの不倫ドラマとは180度違う作品だと思うし、台本を読んだ時は、爆笑するくらいおもしろかったので、皆さんにも笑って見てもらえたら嬉しいです。

山口詠美役の筧美和子 ©テレビ東京
山口詠美役の筧美和子 ©テレビ東京
川上ミエ役の佐津川愛美 ©テレビ東京
川上ミエ役の佐津川愛美 ©テレビ東京
江口カオリ役の岸明日香 ©テレビ東京
江口カオリ役の岸明日香 ©テレビ東京
綿貫リサ役の小倉優香 ©テレビ東京
綿貫リサ役の小倉優香 ©テレビ東京
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年