坂本龍一が津波かぶったピアノと対峙 ドキュメンタリー映画『CODA』予告編

坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』の予告編が公開された。

映画『戦場のメリークリスマス』のテーマ曲である坂本龍一の楽曲“Merry Christmas Mr.Lawrence”を使用した予告編では、東日本大震災で津波をかぶったピアノを坂本が弾く様子や、「見て見ぬふりをするのは、とても僕にはできないこと」と語る坂本の声、ガンの告知を受けた坂本が本音を語る場面、森の中や自宅の庭、北極など様々な場所でフィールドレコーディングを行なう姿などが捉えられている。

また1979年にアメリカ・ロサンゼルスで行なわれたYMOのライブ映像や、映画『ラストエンペラー』製作時に坂本自身が撮影した映像など、映画本編で使用されたアーカイブ映像の一部も確認できる。

11月4日から公開される『Ryuichi Sakamoto: CODA』は、2012年から約5年間にわたって坂本に密着取材したドキュメンタリー。9月3日に『第74回ヴェネチア国際映画祭』でワールドプレミア上映された。

作品情報

『Ryuichi Sakamoto: CODA』

2017年11月4日(土)から角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
監督:スティーブン・ノムラ・シブル 出演:坂本龍一 上映時間:102分 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 坂本龍一が津波かぶったピアノと対峙 ドキュメンタリー映画『CODA』予告編

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて