ニュース

小池栄子×吉沢亮W主演ドラマ『恋する香港』、共演に馬場ふみか、最上もが

新ドラマ『恋する香港』が、MBSで10月8日から、TBSで10月10日から放送される。

香港が舞台の『恋する香港』は、小池栄子と吉沢亮が主演を務める全4話の連続ドラマ。共演者には馬場ふみか、最上もが(ex.でんぱ組.inc)、柳下大、永田薫(MAG!C☆PRINCE)、岩松了が名を連ねる。

小池栄子はマッチングサイトで出会った男性に会うため香港にやってきた井本真樹役、吉沢亮は香港でタレントのエリーのドキュメンタリー番組を撮影しているテレビディレクター・山田健太役を演じる。山田と共にドキュメンタリーを撮影するAD・平川彩役には馬場ふみか、撮影中に誘拐されてしまうエリー役には最上もが、エリーを真樹と勘違いして誘拐する謎の香港人・ダニエル役には永田薫、テレビ局員でプロデューサーの阿久津役には柳下大、現地のアンダーグラウンドな世界を知る日本人ブローカー役には岩松了がキャスティングされている。8月6日にでんぱ組.incからの脱退を発表していた最上もがは、脱退後初のドラマ出演となる。

監督はドラマ『下北沢ダイハード』『ぼくは麻理のなか』などのスミスと戸塚寛人。脚本は『ラヴソング』の倉光泰子が担当し、撮影は9月下旬から香港で行なう予定だ。

小池栄子のコメント

日本を離れ香港で撮影出来る事に興奮しています。
香港はダイナミックな街で、人々がエネルギッシュな印象です。街のパワーに負けない作品になるといいなと思います。
吉沢さんとは初共演なので、どんな芝居の空気感になるか、とっても楽しみです。年下ですが、物語の中心には彼が常に居ますので引っ張って貰えると嬉しいです。

吉沢亮のコメント

海外で撮る映像作品に参加するのは、今回が初めてです。
香港でどのようなステキな画が撮れるのか、とても楽しみにしています。
中々ハードなスケジュールになるとは思いますが、香港の街を堪能しつつ、皆さまにとても楽しい作品を届けられるようがんばります。

小池栄子
小池栄子
吉沢亮
吉沢亮
馬場ふみか
馬場ふみか
最上もが
最上もが
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー