ニュース

宇多田ヒカルが堺雅人×高畑充希『鎌倉ものがたり』主題歌書き下ろし

宇多田ヒカル『あなた』ジャケット
宇多田ヒカル『あなた』ジャケット

宇多田ヒカルが、山崎貴監督の映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の主題歌を担当することがわかった。

主題歌に起用されたのは、宇多田ヒカルによる書き下ろしの新曲“あなた”。異世界を舞台に夫婦の愛を描いた映画の世界観を歌で表現できるのは宇多田ヒカルしかいないと考えた山崎貴監督が、今年の春に自らの想いを手紙に綴ってオファーをしたという。宇多田は同作の公開日である12月9日が自身のデビュー記念日であることにも縁を感じてオファーを快諾し、今年の夏に楽曲のレコーディングが行なわれた。

宇多田ヒカルが映画の主題歌を担当するのは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』以来。『DESTINY 鎌倉ものがたり』のプロットや原作を読み込んで制作したという“あなた”について宇多田は「原作が妖怪みたいな異世界と日常が実は一緒にあるみたいな話だっていうことがわかっていたので、そこから仏教系の言葉を使ったりとか、そういったアイデアも取り込みながら作りました。聴いてくれた人が、どんな風にそれぞれ受け取ってくれるのか楽しみな歌です」とのコメントを寄せている。

また主演の堺雅人は「この映画のためにつくられた曲とのこと。撮影がおわってからきいたのが、くやしい。この曲をふまえて、もう一度演じたい気持ちです」、妻役を演じた高畑充希は「映画のラストシーン直後、こんな音が聴こえてきたらなんて素敵なんだろう。心と耳が幸せだな、と嬉しくなりました」と賛辞を贈っている。

今回の発表と合わせて“あなた”の一部を使用した新たな予告編が公開。同曲は12月8日に配信シングルとしてリリースされる。

12月9日から公開される『DESTINY 鎌倉ものがたり』は、西岸良平の漫画『鎌倉ものがたり』をもとにしたファンタジー作品。人間だけでなく幽霊やもののけが住む鎌倉を舞台に、殺人事件の捜査を依頼されたミステリー作家の一色正和と、嫁いできたばかりの若い妻・亜紀子の姿を描く。

堺雅人のコメント

だれにでも当てはまる、ひとがひとをおもう気持ちをうたっていて、ききながら、まず家族の顔をおもいうかべました。
そして、映画のなかで愛した、高畑充希さん演じる妻に、もう一度あいたくなりました。この映画のためにつくられた曲とのこと。撮影がおわってからきいたのが、くやしい。この曲をふまえて、もう一度演じたい気持ちです。

高畑充希のコメント

いただいた音源の、歌い出しを聴いて、ゾワっと鳥肌が立ちました。映画のラストシーン直後、こんな音が聴こえてきたらなんて素敵なんだろう。心と耳が幸せだな、と嬉しくなりました。撮影中の、旦那様を愛しい愛しいと思っていた気持ちが聴いているうちにガッと蘇ってきて、また亜紀子さんに出逢わせていただいたような気分です。そして個人的には、朝ドラに引き続き宇多田さんに主題歌を担当していただけたこと。このご縁と幸せに胸がいっぱいです。

山崎貴監督のコメント

宇多田さんの歌には、当たり前のように送っている日常の日々が、実はかけがえのない宝物なんだと気づかせてくれる、魔法のような力が有ると思います。今回の作品“DESTINY鎌倉ものがたり”も出来たらそんな力を持った作品にしたいと考えていました。主題歌を宇多田さんにお願いできたことは、強力な魔法使いに力を貸してもらったようなものです。出来上がってきた曲は映画の輪郭をくっきりと鮮明にしてくれました。とてもとても嬉しいことです。

宇多田ヒカル
宇多田ヒカル
『DESTINY 鎌倉ものがたり』 ©2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会
『DESTINY 鎌倉ものがたり』 ©2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会
『DESTINY 鎌倉ものがたり』 ©2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会
『DESTINY 鎌倉ものがたり』 ©2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会
『DESTINY 鎌倉ものがたり』 ©2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会
『DESTINY 鎌倉ものがたり』 ©2017「DESTINY 鎌倉ものがたり」製作委員会
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音