ニュース

新作『ブレードランナー』前日譚の第2弾全編公開 監督はR・スコット息子

『ブレードランナー 2049』よりジャレッド・レト演じるウォレス
『ブレードランナー 2049』よりジャレッド・レト演じるウォレス

ルーク・スコット監督による短編映像『2036:ネクサス・ドーン』の全編が公開された。

映画『ブレードランナー』の監督リドリー・スコットの息子であるルーク・スコットが手掛けた同作は、『ブレードランナー』と新作『ブレードランナー 2049』の間の「空白の30年」のエピソードを描く3本の短編映像の第2弾。先日第1作として渡辺信一郎監督による短編アニメーション『ブレードランナー ブラックアウト 2022』が公開されていた。

2036年の世界を舞台にした『2036:ネクサス・ドーン』では、『ブレードランナー 2049』でジャレッド・レトが演じているレプリカントの創造主ウォレスをフィーチャー。陰謀を目論む科学者で、レプリカントの新たな創造主となるウォレスが、レプリカント製造禁止法に反して作り出した新型レプリカント「レクサス9」について語る姿が捉えられている。

この映像では、顧客の要望に応じた寿命を持つ、反抗も逃亡もせずただ従うだけ、という新型レプリカントの特徴が明らかになっている。また映像のラストにはレプリカント禁止法の廃止のために従順さを強調し、レプリカントが自ら命を絶つシーンが映し出されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」