ニュース

モノブライトが無期限活動休止へ 桃野陽介「3人とも限界でした」

モノブライト
モノブライト

モノブライトが11月28日から開催されるライブツアー『monobright × MONOBRIGHT × モノブライト 2007-2017』をもって、無期限に活動を休止することがわかった。

活動休止の理由について桃野陽介(Vo)は、「理由は色々思う事があるのですが、結局のところ3人とも限界でした。この先、モノブライトで何かやろうというアイデアやユーモアが全く浮かばなくなりました。3人それぞれが、これからも音楽を続けていけるようにする為に、モノブライトを休まないといけないと思いました」とコメント。

松下省伍(Gt)は「モノブライトというヘンテコな集合体とそのバンドで作る変えたくないし大切にしたい音楽を一番に考えたとき今必要なことが『皆に頭を下げて休憩!!』という結論に至りました」、出口博之(Ba)は「活動休止は私たちのわがままであることは重々承知ですが、自分たちの音楽であるとか、自分たちが信じてきたことに嘘はつきたくない。そして、この先の未来をより楽しいモノにしたい、そういった気持ちによる結論と受け取っていただければ幸いです」とファンに向けたメッセージを発表した。メンバーは活動休止後、それぞれの道に進むという。

ライブツアー『monobright × MONOBRIGHT × モノブライト 2007-2017』は11月28日の東京・渋谷のWWW X公演を皮切りに、12月6日に愛知・名古屋のCLUB UPSET、12月11日に大阪・梅田のShangri-La、12月13日に広島・CAVE-BE、12月14日に福岡・the voodoo loungeと巡り、最終公演は12月20日に北海道・札幌のSound Lab moleで開催。チケット抽選予約は10月2日12:00から受付ける。

モノブライトは2006年に、札幌の門学校時代の同級生で結成。2007年にメジャーデビューを果たした。日高央(THE STARBEMS、ex.BEAT CRUSADERS)が2010年11月から2012年10月まで所属していた。2015年4月のドラマー脱退後、3人体制で活動している。

桃野陽介(Vo)のコメント

モノブライト桃野です。この度、11年活動してきたモノブライトは、無期限活動休止をします。突然の発表になってしまい、大変申し訳ありません。理由は色々思う事があるのですが、結局のところ3人とも限界でした。この先、モノブライトで何かやろうというアイデアやユーモアが全く浮かばなくなりました。3人それぞれが、これからも音楽を続けていけるようにする為に、モノブライトを休まないといけないと思いました。モノブライトは長い休みに入ります。今まで応援して頂いたファンの皆様、スタッフ様、対バンしてくれたミュージシャンの方々、本当にありがとうございました。おやすみなさい。ではまた明日!

松下省伍(Gt)のコメント

デビューから10年間、言えば皆さんと共に活動してきました。わがままな発表だと承知していますが、モノブライトというヘンテコな集合体とそのバンドで作る変えたくないし大切にしたい音楽を一番に考えたとき今必要なことが「皆に頭を下げて休憩!!」という結論に至りました。コメントで伝えることができるのは僅かなことだとは思います。なので、ライブハウスで待っています。

出口博之(Ba)のコメント

いつもモノブライトを応援してくださってありがとうございます。この度、このようなご報告で驚かせてしまい申し訳ありません。2007年にデビューし丸10年、今年11年目を迎えた我々モノブライトですが、一旦このタイミングで走るのをお休みしようと思っています。まだまだこれからだ、もっともっと面白いことを、そう考えていながらも、モノブライトのさらなる進化、深化を図るためには力を溜める期間が必要なのでは、とメンバー間での見解が一致しました。活動休止は私たちのわがままであることは重々承知ですが、自分たちの音楽であるとか、自分たちが信じてきたことに嘘はつきたくない。そして、この先の未来をより楽しいモノにしたい、そういった気持ちによる結論と受け取っていただければ幸いです。ストレンジでストロングな音楽を続けるために、モノブライトは少しお休みします。今までありがとう。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察