ニュース

モノブライトが無期限活動休止へ 桃野陽介「3人とも限界でした」

モノブライト
モノブライト

モノブライトが11月28日から開催されるライブツアー『monobright × MONOBRIGHT × モノブライト 2007-2017』をもって、無期限に活動を休止することがわかった。

活動休止の理由について桃野陽介(Vo)は、「理由は色々思う事があるのですが、結局のところ3人とも限界でした。この先、モノブライトで何かやろうというアイデアやユーモアが全く浮かばなくなりました。3人それぞれが、これからも音楽を続けていけるようにする為に、モノブライトを休まないといけないと思いました」とコメント。

松下省伍(Gt)は「モノブライトというヘンテコな集合体とそのバンドで作る変えたくないし大切にしたい音楽を一番に考えたとき今必要なことが『皆に頭を下げて休憩!!』という結論に至りました」、出口博之(Ba)は「活動休止は私たちのわがままであることは重々承知ですが、自分たちの音楽であるとか、自分たちが信じてきたことに嘘はつきたくない。そして、この先の未来をより楽しいモノにしたい、そういった気持ちによる結論と受け取っていただければ幸いです」とファンに向けたメッセージを発表した。メンバーは活動休止後、それぞれの道に進むという。

ライブツアー『monobright × MONOBRIGHT × モノブライト 2007-2017』は11月28日の東京・渋谷のWWW X公演を皮切りに、12月6日に愛知・名古屋のCLUB UPSET、12月11日に大阪・梅田のShangri-La、12月13日に広島・CAVE-BE、12月14日に福岡・the voodoo loungeと巡り、最終公演は12月20日に北海道・札幌のSound Lab moleで開催。チケット抽選予約は10月2日12:00から受付ける。

モノブライトは2006年に、札幌の門学校時代の同級生で結成。2007年にメジャーデビューを果たした。日高央(THE STARBEMS、ex.BEAT CRUSADERS)が2010年11月から2012年10月まで所属していた。2015年4月のドラマー脱退後、3人体制で活動している。

桃野陽介(Vo)のコメント

モノブライト桃野です。この度、11年活動してきたモノブライトは、無期限活動休止をします。突然の発表になってしまい、大変申し訳ありません。理由は色々思う事があるのですが、結局のところ3人とも限界でした。この先、モノブライトで何かやろうというアイデアやユーモアが全く浮かばなくなりました。3人それぞれが、これからも音楽を続けていけるようにする為に、モノブライトを休まないといけないと思いました。モノブライトは長い休みに入ります。今まで応援して頂いたファンの皆様、スタッフ様、対バンしてくれたミュージシャンの方々、本当にありがとうございました。おやすみなさい。ではまた明日!

松下省伍(Gt)のコメント

デビューから10年間、言えば皆さんと共に活動してきました。わがままな発表だと承知していますが、モノブライトというヘンテコな集合体とそのバンドで作る変えたくないし大切にしたい音楽を一番に考えたとき今必要なことが「皆に頭を下げて休憩!!」という結論に至りました。コメントで伝えることができるのは僅かなことだとは思います。なので、ライブハウスで待っています。

出口博之(Ba)のコメント

いつもモノブライトを応援してくださってありがとうございます。この度、このようなご報告で驚かせてしまい申し訳ありません。2007年にデビューし丸10年、今年11年目を迎えた我々モノブライトですが、一旦このタイミングで走るのをお休みしようと思っています。まだまだこれからだ、もっともっと面白いことを、そう考えていながらも、モノブライトのさらなる進化、深化を図るためには力を溜める期間が必要なのでは、とメンバー間での見解が一致しました。活動休止は私たちのわがままであることは重々承知ですが、自分たちの音楽であるとか、自分たちが信じてきたことに嘘はつきたくない。そして、この先の未来をより楽しいモノにしたい、そういった気持ちによる結論と受け取っていただければ幸いです。ストレンジでストロングな音楽を続けるために、モノブライトは少しお休みします。今までありがとう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現