井浦新が首絞め&瑛太が叫ぶ 大森立嗣『光』予告編公開、J・ミルズ楽曲も

11月25日から東京・新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか全国で公開される映画『光』の予告編が公開された。

三浦しをんの同名小説をもとにした『光』は、東京の離島・美浜島で育ち、島を襲った津波から数人の大人と共に生き残った信之、恋人の美花、年下の幼なじみの輔の3人が、25年後に再会するという物語。島での最後の夜に、美花が犯されている姿を見つけ、信之が相手の男を殺害したという秘密を共有する3人が、再び巡り合い、過去と向き合う様が描かれる。信之役に井浦新、輔役に瑛太、美花役に長谷川京子、信之の妻・南海子役に橋本マナミがキャスティング。監督は大森立嗣が務めた。

物語の起点となる25年前の少年たちの描写から始まる予告編では、美花が森で男にレイプされているのを目撃した信之が美花を守るため男を殺害する場面や、過去を封印し妻・南海子と娘と平穏に暮らす信之のもとに、秘密を握って現れる輔、女優として成功を収めた美花の姿、信之が輔に「お前の親父、殺してやるよ」と持ちかけるシーン、「ゆき兄、殺せー」と叫ぶ輔、輔の首を絞める信之の姿などが確認できる。またジェフ・ミルズが手掛けた劇中音楽も聞くことができる。

作品情報

『光』

2017年11月25日(土)から新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか全国で公開
監督:大森立嗣 原作:三浦しをん『光』(集英社) 音楽:ジェフ・ミルズ 出演: 井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ 南果歩 平田満 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 井浦新が首絞め&瑛太が叫ぶ 大森立嗣『光』予告編公開、J・ミルズ楽曲も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて