柄本佑監督『ムーンライト下落合』劇場公開 加瀬亮×宇野祥平の会話劇

柄本佑監督の短編映画『ムーンライト下落合』が、11月11日から東京・渋谷のユーロスペースで上映される。

東京乾電池に所属する作家・加藤一浩による短編戯曲をもとにした同作は、1つの部屋の中で深夜の数時間を過ごす2人の男による会話劇。東京・下落合に住む長田と、長田の家に泊まりに来た友人の三上の会話から、互いの「いま」が明らかになっていく、というあらすじだ。

同作は、俳優としての活動だけでなく、これまでも数本の短編映画を製作している柄本佑が、原作の戯曲を気に入り映画化を決意。長田役を加瀬亮、三上役を宇野祥平が演じている。またスタッフには俳優・映画監督の森岡龍や、三宅唱、四宮秀俊らが参加。

今回の上映は1週間限定となり、初日には柄本佑と出演者によるトークを開催。上映期間中は柄本の過去の監督作の上映や、ゲストを招いたトークなど連日イベントを行なう予定だ。詳細はユーロスペースのオフィシャルサイトで発表される。

作品情報

『ムーンライト下落合』

2017年11月11日(土)からユーロスペースで1週間限定上映
監督・脚色:柄本佑 脚本:加藤一浩 出演: 加瀬亮 宇野祥平
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 柄本佑監督『ムーンライト下落合』劇場公開 加瀬亮×宇野祥平の会話劇

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて