「ビデオアートの父」ナムジュン・パイク展、メディアアートの源流探る

展覧会『ビデオアートの父 ナムジュン・パイク展』が、12月3日まで鹿児島・湧水町の鹿児島県霧島アートの森で開催されている。

世界で初めてテレビとビデオを用いたアート作品を発表し、「ビデオアートの父」と呼ばれるナムジュン・パイク。1932年に韓国・ソウルで生まれたパイクは、朝鮮戦争勃発後に日本へ移住。東京大学で音楽を研究し、卒業後にドイツへ渡ってカールハインツ・シュトックハウゼンやジョン・ケージらと出会った。その後に芸術運動「フルクサス」に参加し、1963年の初個展において、世界初のビデオアート作品を発表した。その後はテレビやビデオを用いたパフォーマンス、インスタレーションをはじめとする数多くの作品を残し、2006年にアメリカで死去。

同展では、ワタリウム美術館所蔵のコレクションを軸に、ブラウン管モニターを使った立体作品、フルクサスの資料、1980年代から坂本龍一とのコラボレーションへ展開した映像作品などを展示。日本におけるメディアアートの源流を探る。さらにパイクとのコラボレーションも行なったヨーゼフ・ボイスの関連作品も紹介している。

11月5日にはエリック・サティやジョン・ケージ、坂本龍一、武満徹らの楽曲を演奏する記念コンサート『パイクをめぐる作曲家たち』が開催。展覧会の会期中には坂本龍一と和多利浩一、和多利恵津子が出演し、今年1月にDOMMUNEで放送された番組のリピート上映なども行なわれる。詳細は霧島アートの森のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『ビデオアートの父 ナムジュン・パイク展』

2017年10月6日(金)~12月3日(日) 会場:鹿児島県 湧水町 霧島アートの森
時間:9:00~17:00(入園は16:30まで) 休園日:月曜(祝日の場合は翌日) 料金:一般800円 高大生600円 小中生400円
  • HOME
  • Art,Design
  • 「ビデオアートの父」ナムジュン・パイク展、メディアアートの源流探る

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて