ニュース

成田凌「僕たちは、お別れします」 フジファブ新曲提供のキヤノン短編映像

『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より

成田凌主演のショートムービー『僕たちは今日、お別れします。』が、本日10月12日に公開された。

キヤノンマーケティングジャパン株式会社の新メッセージ「“This”is my life.」のコンセプトムービーとして制作された同作。成田凌とヒロイン役の藤野有理が、別れを迎えた男女を演じている。

音楽にはフジファブリックによる書き下ろしの新曲“かくれんぼ”を起用。劇中に登場する写真は、成田凌自身がキヤノンの最新ミラーレスカメラ「EOS M100」を使って撮影した写真だという。監督は水曜日のカンパネラやサカナクションらのPVを手掛ける山田智和が務めた。

成田は撮影を振り返り「ほとんどアドリブで進めていったのですが、冒頭の『僕は甘えていたんだと思う』というナレーションを読んで、女性に甘えるタイプの人は、待つ感じなんじゃないかと思い、撮影中も彼女役の方に、会話の切り出しも含めて預ける形で進めました。見ている方にとって、敵に見えるというか、こういう人いそうだなと思ってもらえるようにリアルさを求めたつもりです」と明かしている。

また完成した映像については「普通別れというとマイナスなイメージがあると思いますが、それを綺麗に映し出している動画になっていると思います。キヤノンさんならではの映像の美しさを感じていただけるのではないでしょうか」とコメント。

楽曲を提供したフジファブリックは「日々の生活の中には、今まで知らなかった感情や、隠れていた気持ちがあると思います。自分自身にもそうだし、相手に対してもそう。それに気づいた時、人はひとつ大きくなれるのでしょう。弱さを認める事は、強さであるように。『かくれんぼ』という曲によって、そんな心に光が照らされる事を、願っております」とのコメントを寄せている。

成田凌のコメント

撮影を振り返って
撮影は、初対面の女性と急に別れるというシーンから始まる設定で非常に難しかったです。その中で、ほとんどアドリブで進めていったのですが、冒頭の「僕は甘えていたんだと思う」というナレーションを読んで、女性に甘えるタイプの人は、待つ感じなんじゃないかと思い、撮影中も彼女役の方に、会話の切り出しも含めて預ける形で進めました。
見ている方にとって、敵に見えるというか、こういう人いそうだなと思ってもらえるようにリアルさを求めたつもりです。
このあたりは、監督と話をしながら一緒にゆっくり作っていきましたね。

デートシーンについて
普段なかなか遊園地に行ったり盆栽を見たりというようなデートはできないので、純粋にとても楽しかったです。そのデートシーン中に EOS M100 で撮影したのですが、こんなにキレイなのかとびっくりしました。特に目の前にきれいな女性もいるので、楽しくなってたくさん撮影してしまいました。とてもきれいに撮れるカメラなので、ぜひ皆さんにも使ってもらえたらと思っています。

写真について
最近、自分でも写真を紙にしなくてはと思ったんです。お正月に昔の写真を見返したのですが、とても大事だなと改めて思いました。小さい頃の兄の写真や、結婚前の両親の写真を見て、家族の軌跡を感じて非常に感慨深かったです。以前使っていた携帯をたんすの奥にしまっていて、そこに何千枚と写真が入っているので、近々プリントアウトしたいなと思っています。

メッセージ
普通別れというとマイナスなイメージがあると思いますが、それを綺麗に映し出している動画になっていると思います。
キヤノンさんならではの映像の美しさを感じていただけるのではないでしょうか。

フジファブリックのコメント

日々の生活の中には、今まで知らなかった感情や、隠れていた気持ちがあると思います。自分自身にもそうだし、相手に対してもそう。それに気づいた時、人はひとつ大きくなれるのでしょう。弱さを認める事は、強さであるように。
「かくれんぼ」という曲によって、そんな心に光が照らされる事を、願っております。

山田智和監督のコメント

撮影を終えて
街の中に溢れている感情、普遍的な青春の追憶を求めて、成田さんはじめスタッフ皆で東京の下町を歩きました。
お二人には完全に決まった台本を演じて貰うのではなく、光を求めて歩いて行く先に、物語を託しました。

撮影技法について
今回撮影ではキヤノンのEOS C700を使用させて頂きました。アドリブの演技を撮影するために会話のシーンは複数台のカメラで撮影しています。またEOS C700はハイスピードも撮れるので、表現の幅が広がりました。

見どころや撮影で注力したところ
常々“生きている人”を撮りたいと思っています。実際の日常会話は無言があったり、相手の答えを変に予測して余計な事を言ってしまったり、うまく行かない事の方が多いです。街に溢れている誰かの想いと重なって、光の先にある彼らの未来を一緒に想像して貰えたら幸いです。

『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
『僕たちは今日、お別れします。』より
画像を拡大する(19枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像