ニュース

吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

『STUDIO VOICE vol.411』より
『STUDIO VOICE vol.411』より

特集記事「Alternative Eroticism ゆらぐエロ」が、10月20日発売の『STUDIO VOICE vol.411』に掲載されている。

同特集では、日本における現在の「エロ」を巡る状況を「これまでの枠組みにおいては捉えきれない、分析不可能なもの」として捉えた記事を展開。巻末には吉岡里帆を川島小鳥が静岡・熱海秘宝館で撮影したフォトストーリー「ひほりほ」を収録するほか、巻頭には千葉雅也、松岡正剛、村田沙耶香による鼎談「来たるべきエロス」を掲載する。

さらに九龍ジョーがフェティッシュの現場をレポートした「欲望の交錯点に立って」、縛師・Hajime Kinokoと写真家・岡部桃の共作フォトストーリー、海猫沢めろんと大森望、藤井直敬による鼎談「VRポルノの未来世紀」なども掲載。執筆陣には松本卓也、ケロッピー前田、柴田英里、安田理央、志田陽子、姫乃たま、藤野眞功、末井昭、梁井一、倉持由香、七菜乃、都築響一が名を連ねている。

『STUDIO VOICE vol.411』より
『STUDIO VOICE vol.411』より
『STUDIO VOICE vol.411』より
『STUDIO VOICE vol.411』より
『STUDIO VOICE vol.411』より
『STUDIO VOICE vol.411』より
『STUDIO VOICE vol.411』表紙
『STUDIO VOICE vol.411』表紙
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで