「野生の発見方法」を紐解く『野生展』 ディレクターは中沢新一

『野生展:飼いならされない感覚と思考』が、本日10月20日から東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催されている。

思想家、人類学者の中沢新一がディレクターを務める同展。現代の表現者が持つ「野生」に着目し、様々な作品や資料を通して「野生の発見方法」を紐解く。参加作家は、青木美歌、井上嗣也、aircord、大森克己、エルンスト・ガンペール、ステファニー・クエール、黒田征太郎、しりあがり寿、鈴木康広、田島征三、立花文穂、遠山孝之、西村裕介、渡邊拓也ら。

10月28日には中沢新一としりあがり寿によるトークイベント『はみだし野生』、11月18日には中沢と郡司ペギオ幸雄による『偶然性とつきあう』、2018年1月13日には中沢と深澤直人による『丸い野生』を開催。詳細は21_21 DESIGN SIGHTのオフィシャルサイトで確認しよう。

中沢新一のコメント

人間みんなが同じ世界に生き、同じような体験をして、夜見る夢も同じようになっていく現代に、まだ管理され尽くしていない、まだ飼いならされていない心の領域が、どこかに生き残っている。私たちはそれを「野生の領域」と呼ぶことにした。
この「野生の領域」に触れることができなければ、どんな分野でも新しい発見や創造は不可能だ。
どうやったら、私たちは心の中の「野生の領域」に触れることができるか、どうしたらそこへの通路を開くことができるか。生活と仕事の中でこの「野生の領域」への通路を開く鍵を発見することが、「野生展」のテーマである。

イベント情報

『野生展:飼いならされない感覚と思考』

2017年10月20日(金)~2018年2月4日(日) 会場:東京都 六本木 21_21 DESIGN SIGHT
時間:10:00~19:00(入場は閉場の30分前まで) 参加作家: 青木美歌 井上嗣也 aircord 大森克己 エルンスト・ガンペール ステファニー・クエール 黒田征太郎 しりあがり寿 鈴木康広 田島征三 立花文穂 遠山孝之 西村裕介 渡邊拓也 休館日:火曜、12月26日~1月3日 料金:一般1,100円 大学生800円 高校生500円 ※中学生以下無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 「野生の発見方法」を紐解く『野生展』 ディレクターは中沢新一

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて