蜷川幸雄の遺志継ぐ吉田鋼太郎が演出 藤原竜也も出演の『アテネのタイモン』

舞台『アテネのタイモン』が、12月15日から埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホール、2018年1月5日から兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールで上演される。

同公演は、ウィリアム・シェイクスピアが執筆した戯曲全37作品の上演を目指す「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の第33弾。シェイクスピア作品の中でも上演機会が少ないとされる『アテネのタイモン』を、蜷川幸雄の後を継ぎ同シリーズ2代目芸術監督に就任した吉田鋼太郎が演出する。

破産して人間不信に陥る主人公のタイモン役を演じるのは演出も手掛ける吉田鋼太郎。タイモンと相対する哲学者のアぺマンタス役を藤原竜也が演じるほか、武将のアルシバイアディーズ役を柿澤勇人、執事のフレヴィアス役を横田栄司が演じる。

チケットは現在発売中。詳細は各劇場のウェブサイトをチェックしよう。

イベント情報

彩の国シェイクスピア・シリーズ第33弾
『アテネのタイモン』

演出:吉田鋼太郎 作:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳:松岡和子 出演: 吉田鋼太郎 藤原竜也 柿澤勇人 横田栄司 大石継太 間宮啓行 谷田歩 河内大和 飯田邦博 新川將人 塚本幸男 二反田雅澄 手打隆盛(さいたまネクスト・シアター) 堀源起(さいたまネクスト・シアター) 松田慎也(さいたまネクスト・シアター) 中西晶(さいたまネクスト・シアター) 浅野望(さいたまネクスト・シアター) 白川大(さいたまネクスト・シアター) 續木淳平(さいたまネクスト・シアター) 堀杏子(さいたまネクスト・シアター) 松本こうせい 星和利 前田恭明 長谷川祐之 岩倉弘樹 飛田修司 杉本政志 齋藤慎平 橋倉靖彦 伊藤大貴 坂田周子 千賀由紀子 林佳世子 悠木つかさ 金子久美子 長尾歩 工藤晶子 森瀬惠未 佐々木絵里奈 真以美 宮崎夢子 埼玉公演 2017年12月15日(金)~12月29日(金)全18公演 会場:埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール 料金:S席9,500円 A席7,500円 B席5,500円 U25チケット2,000円 兵庫公演 2018年1月5日(金)~1月8日(月)全6公演 会場:兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 料金:12,500円
  • HOME
  • Stage
  • 蜷川幸雄の遺志継ぐ吉田鋼太郎が演出 藤原竜也も出演の『アテネのタイモン』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて