ニュース

元アイドルのアラフォー女性が再結成に奔走 『ピンカートンに会いにいく』

映画『ピンカートンに会いにいく』が2018年1月20日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

同作の主人公は、かつてブレイク寸前で突然解散した5人組アイドル・ピンカートンの元リーダーで、解散から20年が過ぎた現在は売れない女優を続けている優子。レコード会社の松本と名乗る男からピンカートン再結成の誘いを持ちかけられた優子が、過去と向き合い、20年分のわだかまりを乗り越えてグループを再結成させようとする、というあらすじだ。

プライドだけが肥大した優子役を演じるのは、同作が映画初主演となる内田慈。共演者には、松本役の田村健太郎、再結成の鍵を握る葵役の松本若菜、ピンカートンの元メンバー役の山田真歩、水野小論、岩野未知が名を連ねている。ピンカートンの現役時代役を演じたのは、小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生悠、鈴木まはな。監督は『東京ウィンドオーケストラ』『エキストランド』などの坂下雄一郎、音楽は池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)が務めた。

『ピンカートンに会いにいく』メインビジュアル ©松竹ブロードキャスティング
『ピンカートンに会いにいく』メインビジュアル ©松竹ブロードキャスティング
『ピンカートンに会いにいく』 ©松竹ブロードキャスティング
『ピンカートンに会いにいく』 ©松竹ブロードキャスティング
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告