元アイドルのアラフォー女性が再結成に奔走 『ピンカートンに会いにいく』

映画『ピンカートンに会いにいく』が2018年1月20日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

同作の主人公は、かつてブレイク寸前で突然解散した5人組アイドル・ピンカートンの元リーダーで、解散から20年が過ぎた現在は売れない女優を続けている優子。レコード会社の松本と名乗る男からピンカートン再結成の誘いを持ちかけられた優子が、過去と向き合い、20年分のわだかまりを乗り越えてグループを再結成させようとする、というあらすじだ。

プライドだけが肥大した優子役を演じるのは、同作が映画初主演となる内田慈。共演者には、松本役の田村健太郎、再結成の鍵を握る葵役の松本若菜、ピンカートンの元メンバー役の山田真歩、水野小論、岩野未知が名を連ねている。ピンカートンの現役時代役を演じたのは、小川あん、岡本夏美、柴田杏花、芋生悠、鈴木まはな。監督は『東京ウィンドオーケストラ』『エキストランド』などの坂下雄一郎、音楽は池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)が務めた。

作品情報

『ピンカートンに会いにいく』

2018年1月20日(土)から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
監督・脚本:坂下雄一郎 音楽:池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ) 出演: 内田慈 松本若菜 山田真歩 水野小論 岩野未知 田村健太郎 小川あん 岡本夏美 柴田杏花 芋生悠 鈴木まはな 上映時間:86分 配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 元アイドルのアラフォー女性が再結成に奔走 『ピンカートンに会いにいく』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて