岡田将生が木村文乃、佐々木希、夏帆らを翻弄 『伊藤くん A to E』予告編

映画『伊藤くん A to E』の予告編が公開された。

柚木麻子の同名小説をもとにした『伊藤くん A to E』は、容姿端麗だが、自意識過剰で無神経な男・伊藤誠二郎と、彼に振り回されるAからEまでの5人の女性を描いた作品。

予告編は、岡田将生演じる伊藤が「僕たちクリエイターにとって、恋愛って必要なんですかね?」と語るシーンと、木村文乃演じる「Eの女」脚本家・矢崎莉桜による「あいつにさえ出会わなければ」というナレーションからスタート。伊藤に振り回されるAからDの女が登場するほか、伊藤による「運命の人って絶対いると思うんですよ」「ああいう重い子って、苦手なんですよね」「童貞じゃないし!」「みっともなく相手にすがる。無様ですね」「俺の存在が君たちを狂わせてしまったんだ」といった印象的なセリフも確認できる。

映像中には、andropによる主題歌“Joker”の一部を使用。なお同曲が1月10日にシングルとしてリリースされることも予告編公開とあわせて発表された。

『伊藤くん A to E』のキャストには「Aの女」こと都合のいい女役の佐々木希、「Bの女」こと自己防衛女役の志田未来、「Cの女」こと愛されたい女役の池田エライザ、「Dの女」ことヘビー級処女役の夏帆、ドラマプロデューサー役の田中圭、売れっ子脚本家・クズケン役の中村倫也が名を連ねている。監督は『ピース オブ ケイク』『娚の一生』の廣木隆一。現在、木村演じる矢崎莉桜を主人公にしたテレビドラマ版がTBS、MBSで放送、Netflixで配信中だ。

内澤崇仁(androp)のコメント

原作や台本やドラマを拝見し、様々なお話を伺いながら少しずつ楽曲を紡ぎだしていきました。
『伊藤くん A to E』の世界が、僕らの音で更に肺腑を衝くものになることを祈っています。

廣木隆一監督のコメント

いま音楽業界で注目の内澤さんが手がけてくださって、すごくいい主題歌ができたと思います。
作品に沿っているけれど、andropの世界観もちゃんと出ている。
歌詞が作品に合っていて、もがいている女性たちの心情が表現されています。

作品情報

『伊藤くん A to E』

2018年1月12日(金)から全国公開
監督:廣木隆一 原作:柚木麻子『伊藤くん A to E』(幻冬舎文庫) 主題歌:androp“Joker” 出演: 岡田将生 木村文乃 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 中村倫也 田中圭 配給:ショウゲート
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 岡田将生が木村文乃、佐々木希、夏帆らを翻弄 『伊藤くん A to E』予告編

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて