デル・トロ新作『シェイプ・オブ・ウォーター』日本公開、ヴェネチア最高賞

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』が2018年3月1日から全国で公開される。

『第74回ヴェネチア国際映画祭』で最高賞にあたる金獅子賞に輝いた同作は、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザと、研究所に運び込まれた不思議な生き物との愛を描いた作品。1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代を舞台に、子供の頃のトラウマで声が出せないイライザは、アマゾンで神のように崇められていたという「彼」の魅惑的な姿に心を奪われ、周囲の目を盗んで会いに行くようになるが、2人の心が通い始めた時、「彼」が間もなく実験の犠牲になることを知るというあらすじだ。

監督、脚本、製作を手がけたのは『ヘルボーイ』『パシフィック・リム』などのギレルモ・デル・トロ。孤独な生活を送っていたイライザ役にサリー・ホーキンス、イライザを温かく支えるゼルダ役にオクタヴィア・スペンサー、イライザと「彼」を執拗かつ残忍に追い詰めるエリート軍人役にマイケル・シャノンがキャスティングされている。音楽は『グランド・ブダペスト・ホテル』で『アカデミー賞』を初受賞したアレクサンドル・デスプラが担当。

作品情報

『シェイプ・オブ・ウォーター』

2018年3月1日(木)から全国公開
監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演: サリー・ホーキンス マイケル・シャノン リチャード・ジェンキンス ダグ・ジョーンズ マイケル・スタールバーグ オクタヴィア・スペンサー 配給:20世紀フォックス映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • デル・トロ新作『シェイプ・オブ・ウォーター』日本公開、ヴェネチア最高賞

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて