ニュース

『第30回東京国際映画祭』結果発表 グランプリはトルコのSF作『グレイン』

『グレイン』(監督: セミフ・カプランオール)
『グレイン』(監督: セミフ・カプランオール)

『第30回東京国際映画祭』の受賞結果が発表された。

本日11月3日に閉幕する『第30回東京国際映画祭』。クロージングセレモニーで各賞の発表が行なわれた。

東京グランプリ、東京都知事賞を受賞したのはトルコのセミフ・カプランオール監督によるSF作品『グレイン』。磁気壁によって混血の移民から守られている都市に暮らす種子の遺伝学者が、都市の農業プランテーションを襲った原因不明の遺伝子不全をきっかけに、遺伝子改良種子に影響を及ぼす頻発性の危機について研究する同僚研究者の行方を探す旅に出るというあらすじだ。

審査員特別賞に輝いたのは、父の野望と娘の自由の対立を描いたシルヴィア・ルーツィ、ルカ・ベッリーノ監督作『ナポリ、輝きの陰で』。最優秀監督賞は『アケラット―ロヒンギャの祈り』のエドモンド・ヨウ、最優秀女優賞は『マリリンヌ』のアデリーヌ・デルミー、最優秀男優賞は『迫り来る嵐』のドアン・イーホンが受賞。最優秀芸術貢献賞に『迫り来る嵐』、最優秀脚本賞に『ペット安楽死請負人』、観客賞に大九明子監督の『勝手にふるえてろ』が輝いた。

さらにアジアの未来部門作品賞を藤元明緒監督の『僕の帰る場所』、スペシャル・メンションをチョウ・ズーヤン監督の『老いた野獣』、日本映画スプラッシュ部門作品賞を戸田ひかる監督の『Of Love and Law』が受賞。「宝石の原石」のような若手俳優を顕彰する新設の東京ジェムストーン賞に松岡茉優、石橋静河、アデリーヌ・デルミー、ダフネ・ローが選出された。

『勝手にふるえてろ』で観客賞を受賞した大九明子監督は「紙を破いて投票してくださったお一人お一人に感謝したいと思いますし、私自身もそのような一人一人のお力があって、映画というものを続けてこられたな、と深く実感しております。映画にしがみついてきてよかったなと思っております」とコメント。また同作で主演を務め、東京ジェムストーン賞を受賞した松岡茉優のコメント動画も公開されている。

『第30回東京国際映画祭』では全231本の作品が上映。劇場動員数は63,679人を記録した。

大九明子監督のコメント

大変小さな、短期集中の現場で、小さな組で撮影し、仕上げた映画でしたので、まさかこのような賞をいただけるとは思っておらず、ノミネート自体も本当に夢のようで、楽しい1週間を過ごしました。紙を破いて投票してくださったお一人お一人に感謝したいと思いますし、私自身もそのような一人一人のお力があって、映画というものを続けてこられたな、と深く実感しております。映画にしがみついてきてよかったなと思っております。ありがとうございました。

 

『ナポリ、輝きの陰で』(監督: シルヴィア・ルーツィ、ルカ・ベッリーノ) ©Tfilm 2017
『ナポリ、輝きの陰で』(監督: シルヴィア・ルーツィ、ルカ・ベッリーノ) ©Tfilm 2017
『アケラット-ロヒンギャの祈り』(監督:エドモンド・ヨウ) ©Pocket Music, Greenlight Pictures
『アケラット-ロヒンギャの祈り』(監督:エドモンド・ヨウ) ©Pocket Music, Greenlight Pictures
『マリリンヌ』(監督:ギヨーム・ガリエンヌ)
『マリリンヌ』(監督:ギヨーム・ガリエンヌ)
『迫り来る嵐』(監督: ドン・ユエ) ©The Looming Storm
『迫り来る嵐』(監督: ドン・ユエ) ©The Looming Storm
『勝手にふるえてろ』(監督:大九明子) ©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
『勝手にふるえてろ』(監督:大九明子) ©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
『ペット安楽死請負人』(監督: テーム・ニッキ) ©It's Alive Films
『ペット安楽死請負人』(監督: テーム・ニッキ) ©It's Alive Films
『Of Love and Law』(監督:戸田ひかる) ©Nanmori Films
『Of Love and Law』(監督:戸田ひかる) ©Nanmori Films
『僕の帰る場所』(監督:藤元明緒) ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』(監督:藤元明緒) ©E.x.N K.K.
『老いた野獣』(監督:チョウ・ズーヤン)  ©2017 Dongchun Films Co., Ltd.
『老いた野獣』(監督:チョウ・ズーヤン) ©2017 Dongchun Films Co., Ltd.
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く