ニュース

『第30回東京国際映画祭』結果発表 グランプリはトルコのSF作『グレイン』

『グレイン』(監督: セミフ・カプランオール)
『グレイン』(監督: セミフ・カプランオール)

『第30回東京国際映画祭』の受賞結果が発表された。

本日11月3日に閉幕する『第30回東京国際映画祭』。クロージングセレモニーで各賞の発表が行なわれた。

東京グランプリ、東京都知事賞を受賞したのはトルコのセミフ・カプランオール監督によるSF作品『グレイン』。磁気壁によって混血の移民から守られている都市に暮らす種子の遺伝学者が、都市の農業プランテーションを襲った原因不明の遺伝子不全をきっかけに、遺伝子改良種子に影響を及ぼす頻発性の危機について研究する同僚研究者の行方を探す旅に出るというあらすじだ。

審査員特別賞に輝いたのは、父の野望と娘の自由の対立を描いたシルヴィア・ルーツィ、ルカ・ベッリーノ監督作『ナポリ、輝きの陰で』。最優秀監督賞は『アケラット―ロヒンギャの祈り』のエドモンド・ヨウ、最優秀女優賞は『マリリンヌ』のアデリーヌ・デルミー、最優秀男優賞は『迫り来る嵐』のドアン・イーホンが受賞。最優秀芸術貢献賞に『迫り来る嵐』、最優秀脚本賞に『ペット安楽死請負人』、観客賞に大九明子監督の『勝手にふるえてろ』が輝いた。

さらにアジアの未来部門作品賞を藤元明緒監督の『僕の帰る場所』、スペシャル・メンションをチョウ・ズーヤン監督の『老いた野獣』、日本映画スプラッシュ部門作品賞を戸田ひかる監督の『Of Love and Law』が受賞。「宝石の原石」のような若手俳優を顕彰する新設の東京ジェムストーン賞に松岡茉優、石橋静河、アデリーヌ・デルミー、ダフネ・ローが選出された。

『勝手にふるえてろ』で観客賞を受賞した大九明子監督は「紙を破いて投票してくださったお一人お一人に感謝したいと思いますし、私自身もそのような一人一人のお力があって、映画というものを続けてこられたな、と深く実感しております。映画にしがみついてきてよかったなと思っております」とコメント。また同作で主演を務め、東京ジェムストーン賞を受賞した松岡茉優のコメント動画も公開されている。

『第30回東京国際映画祭』では全231本の作品が上映。劇場動員数は63,679人を記録した。

大九明子監督のコメント

大変小さな、短期集中の現場で、小さな組で撮影し、仕上げた映画でしたので、まさかこのような賞をいただけるとは思っておらず、ノミネート自体も本当に夢のようで、楽しい1週間を過ごしました。紙を破いて投票してくださったお一人お一人に感謝したいと思いますし、私自身もそのような一人一人のお力があって、映画というものを続けてこられたな、と深く実感しております。映画にしがみついてきてよかったなと思っております。ありがとうございました。

 

『ナポリ、輝きの陰で』(監督: シルヴィア・ルーツィ、ルカ・ベッリーノ) ©Tfilm 2017
『ナポリ、輝きの陰で』(監督: シルヴィア・ルーツィ、ルカ・ベッリーノ) ©Tfilm 2017
『アケラット-ロヒンギャの祈り』(監督:エドモンド・ヨウ) ©Pocket Music, Greenlight Pictures
『アケラット-ロヒンギャの祈り』(監督:エドモンド・ヨウ) ©Pocket Music, Greenlight Pictures
『マリリンヌ』(監督:ギヨーム・ガリエンヌ)
『マリリンヌ』(監督:ギヨーム・ガリエンヌ)
『迫り来る嵐』(監督: ドン・ユエ) ©The Looming Storm
『迫り来る嵐』(監督: ドン・ユエ) ©The Looming Storm
『勝手にふるえてろ』(監督:大九明子) ©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
『勝手にふるえてろ』(監督:大九明子) ©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
『ペット安楽死請負人』(監督: テーム・ニッキ) ©It's Alive Films
『ペット安楽死請負人』(監督: テーム・ニッキ) ©It's Alive Films
『Of Love and Law』(監督:戸田ひかる) ©Nanmori Films
『Of Love and Law』(監督:戸田ひかる) ©Nanmori Films
『僕の帰る場所』(監督:藤元明緒) ©E.x.N K.K.
『僕の帰る場所』(監督:藤元明緒) ©E.x.N K.K.
『老いた野獣』(監督:チョウ・ズーヤン)  ©2017 Dongchun Films Co., Ltd.
『老いた野獣』(監督:チョウ・ズーヤン) ©2017 Dongchun Films Co., Ltd.
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く