ニュース

石原さとみの弟役に超特急カイ 『アンナチュラル』で連ドラ初出演

石原さとみの主演ドラマ『アンナチュラル』にカイ(超特急)こと小笠原海が出演することが発表された。

2018年1月からTBS系で放送される『アンナチュラル』は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』などの野木亜紀子によるオリジナル脚本作。死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所」を舞台に、解剖医のミコトら研究所のメンバーが連日運びこまれる死体にメスをいれ、死因の究明に挑む様を描く法医学ミステリーだ。石原をはじめ、井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊がキャストに名を連ねる。

小笠原海が演じるのは、石原演じる主人公ミコトの弟・秋彦役。予備校講師として働く秋彦は、不在がちな両親の代わりに姉のミコトと過ごすことが多く、「お姉ちゃんっ子」として育ったというキャラクターだという。

連続ドラマ初出演となる小笠原は出演が決まった時を振り返り「心からうれしかったです。演技をすることが今とても楽しくて、新鮮な経験なので連続ドラマにレギュラー出演できることが幸せです」とコメント。

また姉役の石原との共演については「演技中はもちろんのこと、カメラの回っていないところでも気さくに話しかけてくださって、本当の姉のように慕っています!また、役に対して真摯に向き合っている姿にとても刺激を受けています!」と明かしている。

小笠原海のコメント

出演が決まった時の気持ち
心からうれしかったです。
演技をすることが今とても楽しくて、新鮮な経験なので連続ドラマにレギュラー出演できることが幸せです。

石原さとみと芝居をした感想や撮影中のエピソード
演技中はもちろんのこと、カメラの回っていないところでも気さくに話しかけてくださって、本当の姉のように慕っています!
また、役に対して真摯に向き合っている姿にとても刺激を受けています!

役作りについて
ふだん家族といる時には何も意識せずに話しているので、その感覚を演技で自然に出すことを考えました。
あとは、役柄と同じ予備校講師の動画などを見たりしました。
現場で監督やプロデューサーさん、姉ちゃんやお母さんと話していく中で秋彦をよりはっきりと掴むような感覚です。

今後の目標や演じてみたい役柄
連続ドラマや映画、チャンスがあればいろいろんなことに挑戦していきたいです。
普段の自分では有り得ないトリッキーな役柄も演じてみたいです。
超特急のカイとしても、俳優の小笠原海としてもより上のステージに上がっていきたいと思います。

三澄秋彦役の小笠原海(超特急)
三澄秋彦役の小笠原海(超特急)
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像