穂村弘×マーム×名久井直子のコラボ公演 『マームと誰かさん』新作

穂村弘、マームとジプシー、名久井直子による新作公演『ぬいぐるみたちがなんだか変だよと囁いている引っ越しの夜』が12月16日から東京・原宿のVACANTで上演される。

藤田貴大が全作品の脚本と演出を務める演劇団体として、結成10年を迎えたマームとジプシー。藤田は『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で『第56回岸田國士戯曲賞』を受賞している。

『ぬいぐるみたちがなんだか変だよと囁いている引っ越しの夜』は、他ジャンルの作家とコラボレーションを行なうシリーズ企画『マームと誰かさん』の一環として上演。マームとジプシーは2014年に穂村弘、名久井直子それぞれと共作を発表しているほか、藤田貴大が演出を手掛けた2015年の舞台『書を捨てよ町へ出よう』には穂村が映像出演し、名久井が宣伝美術を担当した。3者が再びタッグを組む今回の新作公演には青柳いづみらが出演。宣伝ビジュアルは名久井直子が手掛ける。

チケットの予約はマームとジプシーの10周年特設サイトで11月19日10:00から受付開始。

イベント情報

『マームと誰かさん』シリーズ
穂村弘×マームとジプシー×名久井直子
『ぬいぐるみたちがなんだか変だよと囁いている引っ越しの夜』

2017年12月16日(土)~12月24日(日)全12公演 会場:東京都 原宿 VACANT 出演: 青柳いづみ ほか 料金:前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 穂村弘×マーム×名久井直子のコラボ公演 『マームと誰かさん』新作

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて