コップのフチ子が1500種以上集う『あなただけのフチ子展』、初公開原画も

『あなただけのフチ子展』が12月1日から東京・池袋のPARCO MUSEUMで開催される。

2012年に奇譚クラブとタナカカツキが共同開発したカプセルトイシリーズ「コップのフチ子」。様々な場所に腰掛けたり、ぶら下がったりすることができるフチ子の写真がSNSなどで話題を集め、これまでにシリーズ累計1500種類、2000万個以上を売り上げている。

同展はコップのフチ子の5周年を記念して開催。これまでに登場した総勢1500種以上のフチ子や、タナカカツキによる初公開となる原画、遊園地のコーヒーカップを「フチ子サイズ」で再現したモニュメントの展示に加えて、フチ子のなりきり写真が撮れる「フチッコアート」コーナーが設置される。

会場では、前作から約1年半ぶりとなる新作「コップのフチ子6」や、田中圭一の漫画『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』とのコラボも掲載する書籍『コップのフチ子 オール百科』を先行販売するほか、限定商品として5周年を祝した「5周年のフチ子」や、「カオ」「ボディー」「足」「バッグ」の組み合わせで1296通りのコーディネイトが楽しめる「着せ替えのフチ子」の販売も行なわれる。アートディレクションは、いすたえこ、たなかともみ、デザインは山口知香が担当。

イベント情報

『あなただけのフチ子展』

2017年12月1日(金)~12月18日(月) 会場:東京都 池袋 PARCO MUSEUM 時間:10:00~21:00(12月15日~17日は21:30まで、12月18日は18:00まで、入場は閉場の30分前まで) 料金:一般500円 学生400円 ※小学生以下無料
  • HOME
  • Art,Design
  • コップのフチ子が1500種以上集う『あなただけのフチ子展』、初公開原画も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて