カナダのアーティストデュオがアジア初の大規模個展 全て日本初公開作

展覧会『ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー』が、11月25日から石川・金沢21世紀美術館 シアター21で開催される。

共にカナダで生まれたジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラー。2人は1995年頃から共同制作を始め、現在はカナダ・グリンドロッドとドイツ・ベルリンを拠点に活動している。ヘッドフォンから流れるカーディフの語りを聞きながら公園や美術館、街中を巡り、目前の光景と聞こえてくる音から創り出される情景と物語によって鑑賞者の知覚を活性化する『ウォーク』シリーズや、音響技術を駆使したサウンドインスタレーションを1990年代から継続的に発表。日本では、『ヨコハマトリエンナーレ』『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』『瀬戸内国際芸術祭』などに参加している。

同展は、ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーにとってアジアでは初となる大規模個展。不気味なメリーゴーランドのインスタレーション『The Carnie』、古いキャンピングトレーラーの中でマリオネットが動く『The Marionette Maker』、ロンドンのナショナルギャラリーで開催された『サウンドスケープ』展において、同館所蔵のアントネロ・ダ・メッシーナによる絵画をもとに制作された『Conversation with Antonello』といった近作の大型作品をはじめ、新作を含む日本初公開となる8点のインスタレーションを紹介する。

11月26日には、ジャネット・カーディフとジョージ・ビュレス・ミラーによるトークイベントを実施。金沢21世紀美術館のオフィシャルサイトで参加応募を受付中だ。イベントは逐次通訳付きとなる。また11月25日には、作品画像や2人の制作の様子を捉えた写真、アーティスト自身のコメントなどを掲載した書籍『Something Strange This Way - Janet Cardiff and George Bures Miller』が刊行される。

イベント情報

『ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー』

2017年11月25日(土)~2018年3月11日(日) 会場:石川県 金沢21世紀美術館 シアター21 時間:10:00~18:00(金・土曜は20:00まで、1月2日、1月3日は17:00まで) 休場日:月曜(1月8日、2月12日は開場)、12月29日~1月1日、1月9日、2月13日 料金:一般1,000円 大学生800円 小中高生400円 65歳以上800円
  • HOME
  • Art,Design
  • カナダのアーティストデュオがアジア初の大規模個展 全て日本初公開作

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて