ニュース

篠笛奏者・佐藤和哉の新アルバムにゆず・北川悠仁が参加 4年ぶり共作曲

佐藤和哉『唄の音』ジャケット
佐藤和哉『唄の音』ジャケット

12月6日にリリースされる佐藤和哉のニューアルバム『唄の音』の詳細が発表された。

佐賀・唐津出身の篠笛奏者・佐藤和哉は、大学卒業後に篠笛と出会って篠笛奏者の道を志し、現在は東京を拠点に音楽活動を展開。2013年から2014年にかけてNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の主題歌に起用されたゆずの楽曲“雨のち晴レルヤ”のモチーフとして自身作曲の“さくら色のワルツ”が採用され、作曲に携わった。昨年にメジャーデビューアルバム『フエウタイ』を発表している。

『唄の音』には、ツアーで披露してきたカバー曲やデビュー前から音源化のリクエストが多く寄せられていたという唱歌などを選曲。さらに“雨のち晴レルヤ”から約4年ぶりのコラボレーションとなる北川悠仁(ゆず)との共作曲“誓いの空”も収められる。

北川悠仁との共作について佐藤和哉は、「北川悠仁さんとの会話の中で、『また一緒に曲を作ろう』という嬉しいお話の流れから、『日本の結婚式のテーマソングになるような曲を作ってみたらいいんじゃないか?』という話になって盛り上がったことがありました。『雨のち晴レルヤ』の物語の末に辿り着いた、幸せな誓いの瞬間― そんな物語すら思い浮かびました。出逢いとは、本当に素晴らしい奇跡だと、つくづく思います」と語っている。

なお同作のリリースを記念したツアーが2018年2月に開催。2月10日の福岡・アクロス福岡公演を皮切りに東京・自由学園明日館、大阪・大阪倶楽部の3都市を巡る。チケットは販売中。

佐藤和哉
佐藤和哉
佐藤和哉
佐藤和哉
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く