『デッドプール』続編が来年6月公開 過激ネタ満載「絵画教室」動画が到着

映画『デッドプール2(仮)』が、2018年6月から全国で公開される。

マーベルコミックスが原作の『デッドプール』は、特殊部隊の精鋭だったウェイド・ウィルソンが不死の肉体を手に入れ、「デッドプール」として戦う物語。口が達者で無責任、美女に弱く、自分のことを「俺ちゃん」と呼ぶ破天荒なアンチヒーローのデッドプールをライアン・レイノルズが演じ、2016年に公開された。

続編となる『デッドプール2(仮)』では、『ジョン・ウィック』の共同監督であるデヴィッド・リーチがメガホンを取った。ライアン・レイノルズが引き続き主演を務め、プロデューサーも兼任する。またジョシュ・ブローリン演じるケーブル、ザジ・ビーツ演じるドミノといった新キャラクターも登場する。

今回の発表とあわせて『デッドプールと油彩画法を学ぶ絵画教室』と題した映像が公開。日本でも1990年代に放送された画家ボブ・ロスが贈るテレビ番組『ボブの絵画教室』をパロディーした同映像では、ボブ・ロスのトレードマークであるアフロヘア―に白シャツ、ジーパン姿のデッドプールが筆を使ってキャンバスに絵を描き、「絵の中に入って“白い粉”の中を転げまわりたいな。一生ハイでいられるね」と話す様子などが映し出されている。映像の終盤には劇中映像と思われる激しいアクションシーンなども盛り込まれている。

さらに映像内で完成した絵画のビジュアルも公開。ノーマン・ロックウェルによる感謝祭の風景を描いた絵のパロディーになっており、デッドプールが母親、相棒のケーブルが父親に扮し、子どもたちとしてウィーゼル、コロッサス、ブラインド・アル、ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド、ヴァネッサ、ドーピンダー、新キャラクターのドミノが描かれている。また壁にはスタン・リーの肖像も確認できる。

作品情報

『デッドプール2(仮)』

2018年6月から全国公開 監督:デヴィッド・リーチ 配給:20世紀フォックス映画
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『デッドプール』続編が来年6月公開 過激ネタ満載「絵画教室」動画が到着

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて