ニュース

『DEVILMAN crybaby』アヴちゃんがあの曲歌う新映像 卓球ら出演企画も開催

アヴちゃん(女王蜂)が声を演じる魔王ゼノン ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
アヴちゃん(女王蜂)が声を演じる魔王ゼノン ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project

湯浅政明監督のアニメーション作品『DEVILMAN crybaby』にアヴちゃん(女王蜂)が声優で参加していることが判明。あわせてアヴちゃんが歌う“デビルマンのうた”の特別映像が公開された。

映像で歌われているのは、テレビアニメ『デビルマン』のオープニングテーマである“デビルマンのうた”を、『DEVILMAN crybaby』の音楽を担当する牛尾憲輔がアレンジしたもの。同曲は作品本編にも使用される。

アヴちゃんが声優を務めるのは、デーモン族の長・魔王ゼノン。『デビルマン』のファンだというアヴちゃんは「幼少期、レンタルビデオショップでデビルマンに出会い、歳を重ねるにつれシレーヌに憧れ了に自分を重ねカイムの愛に涙し不動明に思いを寄せていました」と明かしているほか、「人格形成としてのルーツ・聖典に、あの『デビルマンのうた』を歌って声優として参加、まだ夢のようです。現代版としてアップデートされた愛と哀しみ。みんなで見て、語ろ?わたしは泣くと思う」とのコメントを寄せている。

また『DEVILMAN crybaby』の世界観をフィーチャーしたクラブイベント『DEVILMAN NIGHT by NETFLIX』が、12月28日に東京・渋谷のWOMBで開催されることも発表。イベントは2部構成となり、第1部『DEVILMAN NIGHT プレミアム試写会』では湯浅政明監督と同作にワム役の声優およびラップ監修で参加したKEN THE 390とのトークショーと、第1話の先行上映が行なわれる。

オールナイトイベントとなる第2部には、電気グルーヴとして主題歌を手掛けた石野卓球や音楽担当の牛尾憲輔、声優を務めたKEN THE 390、AFRA、YOUNG DAIS、般若に加え、特別ゲストとして☆TAKU TAKAHASHIが出演。会場では『DEVILMAN crybaby』の第1話にも登場する悪魔を呼び出すためのパーティー「サバト」を再現した演出が用意される。第1部への参加応募はイベントの特設サイトで受け付ける。

さらに今回の発表とあわせてアニメ研究家・氷川竜介が同作に寄せたコメントと、新たな場面写真も公開されている。

1月5日からNetflixで配信される同作は、永井豪の漫画『デビルマン』を現代版にリメイクした新作アニメーション作品。原作漫画の結末までを激しいバイオレンス描写などを取り入れながら映像化し、飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマンの誕生、デビルマンとサタンの対決となるハルマゲドンまでを描く。

アヴちゃん(女王蜂)のコメント

幼少期、レンタルビデオショップでデビルマンに出会い、歳を重ねるにつれシレーヌに憧れ了に自分を重ねカイムの愛に涙し不動明に思いを寄せていました。エロの奥にエロスがあるように、作中の暴力と殺戮の奥に何かがあるような気がして。いまも考えてしまう、ずっと。 人格形成としてのルーツ・聖典に、あの「デビルマンのうた」を歌って声優として参加、まだ夢のようです。現代版としてアップデートされた愛と哀しみ。みんなで見て、語ろ?わたしは泣くと思う

氷川竜介のコメント

かつて1972年、メリメリと現実が避けて、異形のエロスとバイオレンスの世界が眼前に出現する体験をした。まるで自分がデーモンと合体したような感覚は、いまだに残っている。その漫画版の衝撃が、「DEVILMAN crybaby」で完全によみがえった。シンプルな線と独特の動きに色彩が絡みつき、脳髄の奥に隠されたエリアへの刺激が、デーモンの世界をふたたび引き寄せる。湯浅政明監督のアニメーションだけが可能とする「21世紀の黙示録」の誕生。その結末を、ぜひとも見届けたい。

『DEVILMAN NIGHT by NETFLIX』出演者
『DEVILMAN NIGHT by NETFLIX』出演者
『DEVILMAN crybaby』キービジュアル ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
『DEVILMAN crybaby』キービジュアル ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
『DEVILMAN crybaby』 ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
『DEVILMAN crybaby』 ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
『DEVILMAN crybaby』 ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
『DEVILMAN crybaby』 ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
『DEVILMAN crybaby』 ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
『DEVILMAN crybaby』 ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
『DEVILMAN crybaby』 ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
『DEVILMAN crybaby』 ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
画像を拡大する(8枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」