ニュース

安田昂弘の新作個展『EMERGE』 「気配」をグラフィックで体現する試み

安田昂弘の個展『EMERGE』が12月9日から東京・中目黒のVOILLDで開催される。

クリエイティブチーム・CEKAIに所属し、グラフィックデザイン、映像制作、アートディレクションなど多彩な分野で活動する安田昂弘。TOKYO HEALTH CLUBのPVの監督や、ソウルの国際タイポグラフィビエンナーレ『Typojanchi』での展示など、国内外で作品を発表している。

同展ではグラフィックをベースとした平面作品約10点を展示。安田が作品を制作する上で根本的な題材になっている「見る」ということを軸にしながら、「気配」という曖昧な存在をグラフィックで体現することを追究し、新たな素材や印刷技法を用いて作品を制作したという。

会期前日の12月8日には作家が在廊するオープニングレセプションを開催。また同日に東京・中目黒のSolfaでレセプションのアフターパーティーが行なわれる。アフターパーティーにはMACKA-CHIN、DJ UPPERCUT、TOKYO HEALTH CLUBらが出演する。詳細はギャラリーのオフィシャルサイトでチェックしよう。

安田昂弘のコメント

いつからか僕たちは、デジタルによる形のない情報に対して、何も抵抗することなく受け入れるようになりました。
現在、均一な面から発光される情報はまるで神の目線のように、さも平等な視点のふりをして、善も悪も真実も嘘も、フラットなものとして私たちに近づいてきます。
発信者や発言者の真の姿を捉えることはほぼ不可能でも、その得体の知れない信号にまるで神様かのように人は縋ります。今や未知の情報は希望であり、スピードは正義となりました。

視覚文化にも同じことが起きています。
ただただ瞬発性の高い視覚信号をまとったビジュアルが膨大なスクロールの中でピックアップされ、そこに表記されている言葉も、背景や意図も無視され、共有され、少し時間が経つと何処かで見たことがあるようなビジュアルがどこからともなく、また本物と偽物が入り混じったスクロールの波に流れてきます。
テクスチャーの意味すら、ここ数年で大きく変わってしまいました。
世界中が全てフラットで平均化された情報で埋め尽くされる日はきっと遠くはないでしょう。

徹底的に平均化されていくこの世界おいて、人の意思はもうなくなってしまうのでしょうか。

未来が全てフラットになり、身体から切り離されたとしても、どうかそこに人の気配と想いが宿ることを祈って。

『Takahiro Yasuda 3rd Solo Exhibition “EMERGE”』メインビジュアル
『Takahiro Yasuda 3rd Solo Exhibition “EMERGE”』メインビジュアル
『Takahiro Yasuda 3rd Solo Exhibition “EMERGE”』レセプションアフターパーティービジュアル
『Takahiro Yasuda 3rd Solo Exhibition “EMERGE”』レセプションアフターパーティービジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆