ニュース

『FNS歌謡祭』第1夜に椎名林檎ら 奥田民生×長瀬智也、欅・平手×平井堅も

椎名林檎
椎名林檎

『2017 FNS歌謡祭』第1夜が、本日12月6日にフジテレビ系で生放送される。

本日放送の第1夜と12月13日放送の第2夜の2日にわたって行なわれる『2017 FNS歌謡祭』。第1夜の出演アーティストには嵐、石川さゆり、AKB48、EXILE THE SECOND、及川光博、大原櫻子、奥田民生、尾上松也、亀と山P、関ジャニ∞、KinKi Kids、倉木麻衣、クリス・ハート、CHEMISTRY、倖田來未、郷ひろみ、近藤真彦、さだまさし、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、THE ALFEE、椎名林檎、柴咲コウ、JUJU、鈴木雅之、高橋真梨子、宝塚歌劇団、谷村新司、chay、東方神起、TOKIO、徳永英明、新妻聖子、西川貴教、NEWS、乃木坂46、NOBU、B'z、平井堅、平手友梨奈(欅坂46)、V6、BoA、堀内孝雄、松下奈緒、三浦大知、三浦祐太朗、溝口肇、宮本笑里、ももいろクローバーZ、山崎育三郎、由紀さおり、ゆず、横山だいすけ、和楽器バンド、和田アキ子ら50組超が名を連ねている。

『FNS歌謡祭』初出演となる椎名林檎は、ドラマ『カルテット』の主題歌として提供した“おとなの掟”とかんぽ生命のCMソング“人生は夢だらけ”をセルフカバーで披露。ゆずは“タッタ”を三浦大知と“今夜君を迎えに行くよ”をももいろクローバーZとのコラボレーションで演奏する。また奥田民生と長瀬智也(TOKIO)は弾き語りで“さすらい”“エンジン”をパフォーマンス。平井堅の“ノンフィクション”のステージに登場する平手友梨奈は、ダンサー・Rui(CRE8BOY)の振付でソロダンスを披露する。

さらに高見沢俊彦(THE ALFEE)、城島茂(TOKIO)、丸山隆平(関ジャニ∞)、大倉忠義(関ジャニ∞)、山本彩(NMB48)、武部聡志らの演奏による近藤真彦のステージや、関ジャニ∞と様々なアーティストのコラボレーション、嵐とミニオンの共演、東方神起によるドラマ『明日の約束』の主題歌“Reboot”のテレビ初パフォーマンスなども見どころとなる。

なお12月13日に放送される第2夜には、aiko、E-girls、AKB48、NMB48、NGT48、加藤一二三、Kis-My-Ft2、きゃりーぱみゅぱみゅ、欅坂46、ゴールデンボンバー、GENERATIONS from EXILE TRIBE、SHISHAMO、、ジャニーズWEST、Sexy Zone、竹原ピストル、DEAN FUJIOKA、乃木坂46、Perfume、福山雅治、Hey! Say! JUMP、モーニング娘。'17森高千里、Little Glee Monster、LUNA SEA、WANIMAらが出演する。

奥田民生
奥田民生
三浦大知
三浦大知
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」