ニュース

白黒姫・綾瀬はるかに坂口健太郎が驚愕 『今夜、ロマンス劇場で』新写真

『今夜、ロマンス劇場で』 ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
『今夜、ロマンス劇場で』 ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

映画『今夜、ロマンス劇場で』の場面写真が公開された。

公開された場面写真は、映画の中のヒロイン・美雪に恋をしている健司の前に、スクリーンの中からモノクロの美雪が現れたシーンを捉えたもの。坂口健太郎演じる健司が、憧れのお姫様が突如出現したことに驚く様子や、綾瀬はるか演じる美雪がカラフルな劇場のロビーを見ている場面、初めて見る色のついたドロップを見つめる姿が写し出されている。

2月10日から公開される『今夜、ロマンス劇場で』は、映画監督を夢見る青年・健司と、モノクロ映画の中から飛び出たお姫様で、人の温もりに触れると消えてしまうという秘密を抱える美雪が惹かれ合う様を描くラブストーリー。同作は2008年の映画『ハッピーフライト』を担当していた稲葉直人プロデューサーが、綾瀬のコメディエンヌとしての才能に惚れ込んで「綾瀬さんの魅力を最大限引き出せるようなラブストーリーを作りたい」と企画を進め、発案から9年越しで作品が実現したという。

『今夜、ロマンス劇場で』 ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
『今夜、ロマンス劇場で』 ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
『今夜、ロマンス劇場で』ポスタービジュアル ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
『今夜、ロマンス劇場で』ポスタービジュアル ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場