磯部涼『ルポ 川崎』 ラップからヤクザ、差別問題まで取材、BAD HOPも証言

磯部涼の著書『ルポ 川崎』が12月15日に刊行される。

1978年に生まれた音楽ライターの磯部涼。主にアンダーグラウンドの音楽やそれらと社会との関わりについて執筆している。著書に『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』『音楽が終わって、人生が始まる』など。

『サイゾー』で連載された『磯部涼の「川崎」』に加筆して、書籍化した『ルポ 川崎』。「川崎市中1男子生徒殺害事件」や「川崎市簡易宿泊所火災」「川崎老人ホーム連続殺人事件」といった事件が続いた川崎の街に光を当て、川崎のラッパーやヤクザ、ドラッグ、売春、人種差別問題などを取り上げたドキュメントとなる。BAD HOP、A-THUG、YZERR、友川カズキをはじめ、地元アーティストの証言や、写真家・細倉真弓による写真を多数収録。初回特典として、AmazonではBAD HOPのT-PablowとYZERRが写ったポストカード、特定書店ではオオクボリュウがイラストを描いたBAD HOPのステッカーが付属する。

なお同日12月15日には、細倉真弓の写真集『写真集 川崎 KAWASAKI PHOTOGRAPHS』も刊行。『磯部涼の「川崎」』に掲載された写真を再編する共に、連載未掲載の写真が追加される。解説には平山夢明が寄稿。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 磯部涼『ルポ 川崎』 ラップからヤクザ、差別問題まで取材、BAD HOPも証言

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて