ニュース

『全員死刑』小林勇貴監督がケータイで撮影 映画『ヘドローバ』公開

『ヘドローバ』ビジュアル
『ヘドローバ』ビジュアル

小林勇貴監督の映画『ヘドローバ』が、本日12月9日から東京・渋谷のアップリンク渋谷で上映されている。

監督作『全員死刑』が11月から公開されている小林勇貴。『ヘドローバ』はVICE MEDIA JAPANによる「作家の脳みそとカメラが直結する<ケータイで撮る>映画プロジェクト」の第1弾作品となり、撮影は携帯電話を用いて行なわれた。小林監督は自ら脚本、撮影、編集を担当。VICE JAPAN初のオリジナル映画となり、12月15日からVICE PLUSで配信される。

『ヘドローバ』の舞台は不良しか住んでいない団地。カルト的な宗教団体を運営しながら犯罪に手を染める「おばあちゃん」のファミリーと、抗争や強盗、薬物中毒、詐欺や自殺といった団地の日常、さらに団地を襲うモンスターなどを描いた作品だ。出演者には木ノ本嶺浩、ウメモトジンギ、一ノ瀬ワタル、洪潤梨、竜のり子、望月卓哉、住川龍珠らに加えて、品川ヒロシ、板尾創路が名を連ねている。プロデューサーは西村喜廣。

上映期間中には舞台挨拶やトークショーも開催。舞台挨拶やトークが行なわれない日には、舞台裏を捉えた映像『撮影舞台裏<13人の刺青男達 世紀のフル●ん大乱闘>銭湯編』を併映する。

なお同作について小林勇貴監督は「ケータイで映画作ってるの、軽薄な感じがすごいイイですよね、なんか。厳かで芸術的なものみたいなもんを踏んづけてる感じが」「カメラの存在を見た瞬間に演技のモードに入っちゃうはずで、(ケータイは)それがない。リアルを撮れる。ザマアミロって感じ」とコメントしている。

『ヘドローバ』
『ヘドローバ』
『ヘドローバ』
『ヘドローバ』
『ヘドローバ』
『ヘドローバ』
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで