ニュース

『全員死刑』小林勇貴監督がケータイで撮影 映画『ヘドローバ』公開

『ヘドローバ』ビジュアル
『ヘドローバ』ビジュアル

小林勇貴監督の映画『ヘドローバ』が、本日12月9日から東京・渋谷のアップリンク渋谷で上映されている。

監督作『全員死刑』が11月から公開されている小林勇貴。『ヘドローバ』はVICE MEDIA JAPANによる「作家の脳みそとカメラが直結する<ケータイで撮る>映画プロジェクト」の第1弾作品となり、撮影は携帯電話を用いて行なわれた。小林監督は自ら脚本、撮影、編集を担当。VICE JAPAN初のオリジナル映画となり、12月15日からVICE PLUSで配信される。

『ヘドローバ』の舞台は不良しか住んでいない団地。カルト的な宗教団体を運営しながら犯罪に手を染める「おばあちゃん」のファミリーと、抗争や強盗、薬物中毒、詐欺や自殺といった団地の日常、さらに団地を襲うモンスターなどを描いた作品だ。出演者には木ノ本嶺浩、ウメモトジンギ、一ノ瀬ワタル、洪潤梨、竜のり子、望月卓哉、住川龍珠らに加えて、品川ヒロシ、板尾創路が名を連ねている。プロデューサーは西村喜廣。

上映期間中には舞台挨拶やトークショーも開催。舞台挨拶やトークが行なわれない日には、舞台裏を捉えた映像『撮影舞台裏<13人の刺青男達 世紀のフル●ん大乱闘>銭湯編』を併映する。

なお同作について小林勇貴監督は「ケータイで映画作ってるの、軽薄な感じがすごいイイですよね、なんか。厳かで芸術的なものみたいなもんを踏んづけてる感じが」「カメラの存在を見た瞬間に演技のモードに入っちゃうはずで、(ケータイは)それがない。リアルを撮れる。ザマアミロって感じ」とコメントしている。

『ヘドローバ』
『ヘドローバ』
『ヘドローバ』
『ヘドローバ』
『ヘドローバ』
『ヘドローバ』
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」