見逃した映画特集に『ラ・ラ・ランド』『牯嶺街』『お嬢さん』など40本超

特集上映『見逃した映画特集2017』が、12月23日から東京・渋谷のアップリンクで開催される。

2017年に日本公開された映画を中心に、特集上映などで取り上げられた作品を含む国内外の作品を上映する同イベント。メジャー、インディー問わず多彩な作品が紹介される。

上映作品には『第89回アカデミー賞』で作品賞と助演男優賞、脚色賞を受賞した『ムーンライト』や、主演男優賞、主演女優賞、作曲賞など6部門受賞の『ラ・ラ・ランド』、『アヌシー国際アニメーション映画祭2017』で最高賞にあたるクリスタル賞に輝いた『夜明け告げるルーのうた』、エドワード・ヤン監督の『牯嶺街少年殺人事件』『台北ストーリー』、石井裕也監督の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』、パク・チャヌク監督の『お嬢さん』、グザヴィエ・ドラン監督の『たかが世界の終わり』など40本以上がラインナップしている。上映スケジュール、料金などの詳細はアップリンクのオフィシャルサイトで確認しよう。

全上映作品は『ムーンライト』『ラ・ラ・ランド』『夜明け告げるルーのうた』『牯嶺街少年殺人事件』『台北ストーリー』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『お嬢さん』『たかが世界の終わり』『鉱 ARAGANE』『ありがとう、トニ・エルドマン』『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』『美しい星』『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』『幼な子われらに生まれ』『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』『オン・ザ・ミルキーロード』『彼女の人生は間違いじゃない』『キングス・オブ・サマー』『グッド・タイム』『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』『作家、本当のJ.T.リロイ』『ジョン・ウィック:チャプター2』『すべての政府は嘘をつく』『劇場版 其ノ灯、暮ラシ』『タレンタイム 優しい歌』『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』『誕生!ヘルツォーク ヴェルナー・ヘルツォーク特集2017』『ドリーム』『ネオン・デーモン』『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』『ハクソー・リッジ』『ハロー・グッバイ』『ブラインド・マッサージ』『米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』『ポルト』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』『夜は短し歩けよ乙女』『ラビング 愛という名前のふたり』『リベリアの白い血』『ローサは密告された』『ロスト・イン・パリ』『わたしは、ダニエル・ブレイク』。

イベント情報

『見逃した映画特集2017』

2017年12月23日(土)~1月26日(金) 会場:東京 渋谷 アップリンク
上映作品: 『ムーンライト』(監督:バリー・ジェンキンス) 『ラ・ラ・ランド』(監督:デイミアン・チャゼル) 『夜明け告げるルーのうた』(監督:湯浅政明) 『?嶺街少年殺人事件』(監督:エドワード・ヤン) 『台北ストーリー』(監督:エドワード・ヤン) 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(監督:石井裕也) 『お嬢さん』(監督:パク・チャヌク) 『たかが世界の終わり』(監督:グザヴィエ・ドラン) 『鉱 ARAGANE』(監督:小田香) 『ありがとう、トニ・エルドマン』(監督:マーレン・アデ) 『いのちのはじまり:子育てが未来をつくる』(監督:エステラ・ヘネル) 『美しい星』(監督:吉田大八) 『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』(監督:ジャンフランコ・ロージ) 『幼な子われらに生まれ』(監督:三島有紀子) 『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』(監督:ヘンリク・ルンデ、ヤコブ・イェルゲンセン) 『オン・ザ・ミルキーロード』(監督:エミール・クストリッツァ) 『彼女の人生は間違いじゃない』(監督:廣木隆一) 『キングス・オブ・サマー』(監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ) 『グッド・タイム』(監督:ジョシュ&ベニー・サフディ) 『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』(監督:チュス・グティエレス) 『作家、本当のJ.T.リロイ』(監督:ジェフ・フォイヤージーク) 『ジョン・ウィック:チャプター2』(監督:チャド・スタエルスキ) 『すべての政府は嘘をつく』(監督:フレッド・ピーボディ) 『劇場版 其ノ灯、暮ラシ』(監督:エリザベス宮地) 『タレンタイム 優しい歌』(監督:ヤスミン・アフマド) 『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』(監督:スティーヴン・カンター) 『誕生!ヘルツォーク ヴェルナー・ヘルツォーク特集2017』(監督:ヴェルナー・ヘルツォーク) 『ドリーム』(監督:セオドア・メルフィ) 『ネオン・デーモン』(監督:ニコラス・ウィンディング・レフン) 『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(監督:ショーン・エリス) 『ハクソー・リッジ』(監督:メル・ギブソン) 『ハロー・グッバイ』(監督:菊地健雄) 『ブラインド・マッサージ』(監督:ロウ・イエ) 『米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー~』(監督:佐古忠彦) 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(監督:ロジャー・スポティスウッド) 『ポルト』(監督:ゲイブ・クリンガー) 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(監督:ケネス・ロナーガン) 『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(監督:ガブリエーレ・マイネッティ) 『夜は短し歩けよ乙女』(監督:湯浅政明) 『ラビング 愛という名前のふたり』(監督:ジェフ・ニコルズ) 『リベリアの白い血』(監督:福永壮志) 『ローサは密告された』(監督:ブリランテ・メンドーサ) 『ロスト・イン・パリ』(監督:ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン) 『わたしは、ダニエル・ブレイク』(監督:ケン・ローチ)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 見逃した映画特集に『ラ・ラ・ランド』『牯嶺街』『お嬢さん』など40本超

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて