ニュース

村上虹郎が帰省先であっこゴリラを聴く Spotify新CMの映像公開

SpotifyテレビCM「今のサントラ・年末年始の実家」編
SpotifyテレビCM「今のサントラ・年末年始の実家」編

村上虹郎が、SpotifyのブランドCM「今のサントラ・年末年始の実家」編に出演している。

12月22日から地上波で放映される同CMは、「すべての瞬間にサウンドトラックを」をコンセプトに制作。村上虹郎演じる主人公が両親と共に祖父母の家に帰省し、Spotifyであっこゴリラの楽曲“ゲリラ×向井太一”を聴くことで、祖父母や部屋がリズムに乗って動き出すというストーリーだ。

またSpotifyでは同CMをモチーフにしたプレイリスト「こたつとヒップホップ」を本日12月19日から配信。「年末年始に実家に帰省しても、家族との会話が見つからない」というユーザーに向けた選曲になっているという。

さらに12月21日にはSpotifyによるライブ配信企画「Spotify Special Twitter Live “#今年のサントラ”」が、SpotifyのオフィシャルTwitterで実施。MCはあっこゴリラと古坂大魔王が務める。

村上虹郎のコメント

今回のCMの舞台は一家団らんの風景でしたが、欲しい音楽と美味しいミカンと居心地の良い空間に浸り、「家かな、ここは」と思いながら楽しく撮影させていただきました。今年は母親のツアーにもかなり足を運びました。
僕の好きな音楽は両親の影響が強いですが、やはり1970年代の音楽が原点です。
プレイリストが年代やジャンルで細分化されているSpotifyは、音楽を掘っていきたい時に面白いですね。

あっこゴリラのコメント

時計の秒針、換気扇がまわる音、踏切、足音、雨の音。
日々の暮らしの中にリズムが沢山あって、自分の気分と共にそれらがグルーヴする瞬間。
幼い時によく感じていたあの現象を曲にしたくて、作ったのが「ゲリラ」。
出来上がったCM映像を観て、何も話してないのにリンクしまくってて驚きました。
ニクいしかけがいっぱい入ってるので、何度も観て楽しんでください。

Spotifyプレイリスト「こたつとヒップホップ」ビジュアル
Spotifyプレイリスト「こたつとヒップホップ」ビジュアル
村上虹郎
村上虹郎
あっこゴリラ
あっこゴリラ
画像を拡大する(24枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで