『芥川賞』『直木賞』候補発表 セカオワSaori、前田司郎、宮内悠介ら

『第158回芥川龍之介賞』および『第158回直木三十五賞』の候補作品が発表された。

『芥川賞』候補に選ばれたのは、石井遊佳『百年泥』、木村紅美『雪子さんの足音』、前田司郎『愛が挟み撃ち』、宮内悠介『ディレイ・エフェクト』、若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』の5作品。石井遊佳と若竹千佐子は今年デビューした作家で、『芥川賞』候補に選出されるのは初めて。

『直木賞』の候補は、彩瀬まる『くちなし』、伊吹有喜『彼方の友へ』、門井慶喜『銀河鉄道の父』、澤田瞳子『火定』、藤崎彩織『ふたご』の5作品。藤崎彩織はSaori名義でSEKAI NO OWARIのメンバーとしても活動。候補作『ふたご』は10月に発表された初小説となる。

選考会は1月16日17:00から東京・築地の新喜楽で開催される。

詳細情報

『第158回芥川龍之介賞』候補作品

石井遊佳『百年泥』(『新潮』11月号) 木村紅美『雪子さんの足音』(『群像』9月号) 前田司郎『愛が挟み撃ち』(『文學界』12月号) 宮内悠介『ディレイ・エフェクト』(『たべるのがおそい』vol.4) 若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』(『文藝』冬号)
詳細情報

『第158回直木三十五賞』候補作品

彩瀬まる『くちなし』(文藝春秋) 伊吹有喜『彼方の友へ』(実業之日本社) 門井慶喜『銀河鉄道の父』(講談社) 澤田瞳子『火定』(PHP研究所) 藤崎彩織『ふたご』(文藝春秋)
  • HOME
  • Book
  • 『芥川賞』『直木賞』候補発表 セカオワSaori、前田司郎、宮内悠介ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて