ニュース

金井浩人×池脇千鶴 恋人の死と向き合う男女描く『きらきら眼鏡』新写真

2018年公開の映画『きらきら眼鏡』のティザービジュアルが公開された。

『夏美のホタル』などが実写映画化されている森沢明夫の同名小説を原作にした『きらきら眼鏡』。恋人の死を乗り越えられず苦しむ青年・立花明海と、1冊の本を介して明海と知り合ったあかねらの人間模様を描く。明海役に同作が映画デビュー作となる金井浩人、あかね役に池脇千鶴がキャスティング。共演者は、あかねの恋人で余命宣告を受けた裕二役の安藤政信をはじめ、杉野遥亮、古畑星夏、片山萌美、志田彩良ら。監督は犬童一利、脚本は犬童監督と2度目のタッグとなる守口悠介が務めた。

今回公開されたティザービジュアルには、舞台となる千葉・船橋の街並みを背景に、明海とあかねが並んで歩いている様子が写し出されている。あわせてエンディング曲に、柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江の書き下ろし曲“Reminiscence~回想~”の起用が発表された。

金井浩人は「この映画を背負い、これからを生きていけることが幸せでなりません。多くの人に届くことを祈っています」、池脇千鶴は「繊細で傷つきやすく、それでも精一杯人生を生きようともがく優しい人間たちを、観てくださる皆さんにしっかりと見届けていただければと思います」とそれぞれコメントを寄せている。

金井浩人のコメント

未だに色んな思いが溢れんばかりにあって、言葉に詰まってしまいます。
この作品に携わり本当に沢山の出会いがありました。
その多くの出会いや、またこの物語に感化されたことで、自分自身のこれまでを回顧し、今現在を肌身で感じ、これからを見つめ続けた日々でした。
いつかのあの時、あることを思い、あるところへ行着き、人に出会って、あれをしてこれをして。
そんな繰り返しがあって今自分はここにいて、この人達に出会って、一緒にものを創っていて。
全てが繋がっていて今なのだと。なにか、この映画が物語っていることとその時の日々が、力強く通じているような気がしてなりませんでした。
そんなことを心の片隅で小さく想い続け、全うした気がします。
この映画を背負い、これからを生きていけることが幸せでなりません。
多くの人に届くことを祈っています。

池脇千鶴のコメント

今思い返すと、撮影していた毎日がきらきらしていたのかもしれません。
普段はそんなにきらきらなんてしませんが(笑)、心から信頼できるキャスト、スタッフ、そしてあかねという役のおかげでほがらかに毎日を過ごすことができました。
繊細で傷つきやすく、それでも精一杯人生を生きようともがく優しい人間たちを、観てくださる皆さんにしっかりと見届けていただければと思います。

犬童一利監督のコメント

本当に沢山の人に支えられ、無事にクランクアップを迎えることができました。
現在編集中ですが、原作の魂を引き継ぎつつ、映画ならではの「きらきら眼鏡」を皆さんに届けられると思います。素敵なスタッフ、俳優部、そして地域の方々と丁寧に作っています。
今の日本にこそ必要な映画になると信じています。ご期待ください。

前田紘孝エグゼクティブプロデューサーのコメント

本作品、クランクイン前から、市民の皆さまに、制作プロダクションが今までにないくらい、踏み込んでいきます、ホンモノの共作にしましょう。と宣言してクランクインしました。
その分、たくさん摩擦もありました。しかしながら、その摩擦で生まれた「温度」は、この作品にしっかり刻まれたと思います。大きな喜びと手応えでいっぱいです。
多くの皆さまに届けたいです。支えてくださった皆さまに、心から感謝いたします。

『きらきら眼鏡』ティザービジュアル ©森沢明夫/双葉社 ©2017「きらきら眼鏡」製作委員会
『きらきら眼鏡』ティザービジュアル ©森沢明夫/双葉社 ©2017「きらきら眼鏡」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される