ニュース

金井浩人×池脇千鶴 恋人の死と向き合う男女描く『きらきら眼鏡』新写真

2018年公開の映画『きらきら眼鏡』のティザービジュアルが公開された。

『夏美のホタル』などが実写映画化されている森沢明夫の同名小説を原作にした『きらきら眼鏡』。恋人の死を乗り越えられず苦しむ青年・立花明海と、1冊の本を介して明海と知り合ったあかねらの人間模様を描く。明海役に同作が映画デビュー作となる金井浩人、あかね役に池脇千鶴がキャスティング。共演者は、あかねの恋人で余命宣告を受けた裕二役の安藤政信をはじめ、杉野遥亮、古畑星夏、片山萌美、志田彩良ら。監督は犬童一利、脚本は犬童監督と2度目のタッグとなる守口悠介が務めた。

今回公開されたティザービジュアルには、舞台となる千葉・船橋の街並みを背景に、明海とあかねが並んで歩いている様子が写し出されている。あわせてエンディング曲に、柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江の書き下ろし曲“Reminiscence~回想~”の起用が発表された。

金井浩人は「この映画を背負い、これからを生きていけることが幸せでなりません。多くの人に届くことを祈っています」、池脇千鶴は「繊細で傷つきやすく、それでも精一杯人生を生きようともがく優しい人間たちを、観てくださる皆さんにしっかりと見届けていただければと思います」とそれぞれコメントを寄せている。

金井浩人のコメント

未だに色んな思いが溢れんばかりにあって、言葉に詰まってしまいます。
この作品に携わり本当に沢山の出会いがありました。
その多くの出会いや、またこの物語に感化されたことで、自分自身のこれまでを回顧し、今現在を肌身で感じ、これからを見つめ続けた日々でした。
いつかのあの時、あることを思い、あるところへ行着き、人に出会って、あれをしてこれをして。
そんな繰り返しがあって今自分はここにいて、この人達に出会って、一緒にものを創っていて。
全てが繋がっていて今なのだと。なにか、この映画が物語っていることとその時の日々が、力強く通じているような気がしてなりませんでした。
そんなことを心の片隅で小さく想い続け、全うした気がします。
この映画を背負い、これからを生きていけることが幸せでなりません。
多くの人に届くことを祈っています。

池脇千鶴のコメント

今思い返すと、撮影していた毎日がきらきらしていたのかもしれません。
普段はそんなにきらきらなんてしませんが(笑)、心から信頼できるキャスト、スタッフ、そしてあかねという役のおかげでほがらかに毎日を過ごすことができました。
繊細で傷つきやすく、それでも精一杯人生を生きようともがく優しい人間たちを、観てくださる皆さんにしっかりと見届けていただければと思います。

犬童一利監督のコメント

本当に沢山の人に支えられ、無事にクランクアップを迎えることができました。
現在編集中ですが、原作の魂を引き継ぎつつ、映画ならではの「きらきら眼鏡」を皆さんに届けられると思います。素敵なスタッフ、俳優部、そして地域の方々と丁寧に作っています。
今の日本にこそ必要な映画になると信じています。ご期待ください。

前田紘孝エグゼクティブプロデューサーのコメント

本作品、クランクイン前から、市民の皆さまに、制作プロダクションが今までにないくらい、踏み込んでいきます、ホンモノの共作にしましょう。と宣言してクランクインしました。
その分、たくさん摩擦もありました。しかしながら、その摩擦で生まれた「温度」は、この作品にしっかり刻まれたと思います。大きな喜びと手応えでいっぱいです。
多くの皆さまに届けたいです。支えてくださった皆さまに、心から感謝いたします。

『きらきら眼鏡』ティザービジュアル ©森沢明夫/双葉社 ©2017「きらきら眼鏡」製作委員会
『きらきら眼鏡』ティザービジュアル ©森沢明夫/双葉社 ©2017「きらきら眼鏡」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信