ニュース

『AERA』が再び猫まみれに、『NyAERA』第2弾に町田康、吉岡里帆ら登場

雑誌『AERA』の増刊号となる『NyAERA(ニャエラ)またたび』が、12月21日に刊行される。

『NyAERA』は2016年に第1弾が発売。『AERA』の体裁のままで全編にわたって猫のニュースに特化した内容で話題を集めた。

第2弾となる『NyAERA(ニャエラ)またたび』のテーマは「ネコのためにできること」。前号に掲載された「ネコの寿命が30歳に」の続報として、 腎臓病特効薬の最新情報、猫の鍼灸など東洋医学、猫のアレルギー、気をつけたい飼い主の生活習慣などを紹介する。

表紙には岩合光昭撮影による写真を使用。被写体は、岩合夫妻が最初に飼った猫である海と、姉妹にあたる類。巻頭グラビアには「もぎり猫」のジロリ、岡山・夢二郷土美術館の黒の助、障子クライマーのサバ身とトラ身らが登場する。

「現代のニャン像」と題された記事には愛猫家としても知られる町田康が登場。インタビューには吉岡里帆、高橋みなみ、嶋田久作、さらに夏目漱石の孫・半藤末利子が「吾輩」について語った記事や、政界で最も猫に好かれているという石破茂に真偽を取材した記事などを収録。『AERA』の連載「eyes」「師匠と弟子」「AERA読書部」なども「猫化」するという。

『NyAERA(ニャエラ)またたび(AERA増刊)』表紙
『NyAERA(ニャエラ)またたび(AERA増刊)』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で