『AERA』が再び猫まみれに、『NyAERA』第2弾に町田康、吉岡里帆ら登場

雑誌『AERA』の増刊号となる『NyAERA(ニャエラ)またたび』が、12月21日に刊行される。

『NyAERA』は2016年に第1弾が発売。『AERA』の体裁のままで全編にわたって猫のニュースに特化した内容で話題を集めた。

第2弾となる『NyAERA(ニャエラ)またたび』のテーマは「ネコのためにできること」。前号に掲載された「ネコの寿命が30歳に」の続報として、 腎臓病特効薬の最新情報、猫の鍼灸など東洋医学、猫のアレルギー、気をつけたい飼い主の生活習慣などを紹介する。

表紙には岩合光昭撮影による写真を使用。被写体は、岩合夫妻が最初に飼った猫である海と、姉妹にあたる類。巻頭グラビアには「もぎり猫」のジロリ、岡山・夢二郷土美術館の黒の助、障子クライマーのサバ身とトラ身らが登場する。

「現代のニャン像」と題された記事には愛猫家としても知られる町田康が登場。インタビューには吉岡里帆、高橋みなみ、嶋田久作、さらに夏目漱石の孫・半藤末利子が「吾輩」について語った記事や、政界で最も猫に好かれているという石破茂に真偽を取材した記事などを収録。『AERA』の連載「eyes」「師匠と弟子」「AERA読書部」なども「猫化」するという。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『AERA』が再び猫まみれに、『NyAERA』第2弾に町田康、吉岡里帆ら登場

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて