『ナナマル サンバツ』が舞台化 脚本&演出はヨーロッパ企画の大歳倫弘

杉基イクラの漫画『ナナマル サンバツ』が舞台化され、5月4日から東京・新宿の全労済ホール スペース・ゼロで上演される。

月刊漫画誌『ヤングエース』で連載中の『ナナマル サンバツ』は、高校での競技クイズを題材とした作品。文蔵高校の新入生で読書好きな越山識が、クイズ研究会による「新入生早押しクイズ大会」に参加させられたことをきっかけに、クイズの魅力に惹かれていくというあらすじだ。昨年にはテレビアニメ版も放送された。

舞台版のタイトルは『ナナマルサンバツTHE QUIZ STAGE』。脚本と演出はヨーロッパ企画の大歳倫弘が務め、出演者、チケット発売などの詳細は後日公開される。

イベント情報

『ナナマルサンバツTHE QUIZ STAGE』

2018年5月4日(金・祝)~5月9日(水) 会場:東京都 新宿 全労済ホール スペース・ゼロ
脚本・演出:大歳倫弘(ヨーロッパ企画) 原作:杉基イクラ『ナナマル サンバツ』(KADOKAWA)
  • HOME
  • Stage
  • 『ナナマル サンバツ』が舞台化 脚本&演出はヨーロッパ企画の大歳倫弘

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて