SF漫画『銃夢』をジェームズ・キャメロン製作で映画化 『アリタ』今夏公開

映画『Alita: Battle Angel』が『アリタ:バトル・エンジェル』の邦題で今夏に公開される。

木城ゆきとのSF漫画『銃夢』をもとにした同作。原作に惚れ込み、15年以上にわたって映画化を構想していたというジェームズ・キャメロンが脚本と製作を手掛けている。

物語の主人公は、現代から数百年後のアイアン・シティにあるスクラップの山の中で、意識不明の状態で発見されたサイボーグの少女アリタ。サイバー・ドクターのイドに助けられて目を覚ますも記憶を失くしたアリタが、自身の並外れた戦闘能力に気づき、自らの出生の秘密を探ろうと決意するというあらすじだ。

主人公アリタを演じるのはローサ・サラザール。イド役をクリストフ・ヴァルツが演じるほか、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリらが共演者に名を連ねる。

監督は『シン・シティ』『スパイキッズ』シリーズのロバート・ロドリゲス。キャメロンはロドリゲスの演出について「僕の脚本を生かしつつ彼自身の作品にした」と太鼓判を押している。プロデューサーはキャメロンの製作パートナーとして『タイタニック』『アバター』といった作品を手掛けてきたジョン・ランドー。

あわせて予告編とロドリゲス監督、キャメロンのコメント映像が公開。予告編にはアリタが目覚める場面や涙を流す様子、戦闘シーンなどが映し出されている。アリタの動きは全てモーションキャプチャーによるCGで表現されている。

作品情報

『アリタ:バトル・エンジェル』

2018年夏に全国公開
監督:ロバート・ロドリゲス 脚本:ジェームズ・キャメロン 出演: ローサ・サラザール クリストフ・ヴァルツ ジェニファー・コネリー マハーシャラ・アリ ほか 配給:20世紀フォックス映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • SF漫画『銃夢』をジェームズ・キャメロン製作で映画化 『アリタ』今夏公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて