『君の名前で僕を呼んで』海外版予告編公開 青年同士の恋の痛みと喜び描く

映画『君の名前で僕を呼んで』の日本語字幕付き海外版予告編が公開された。

アンドレ・アシマンの小説『Call Me By Your Name』をもとにした同作は、1983年夏の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳のエリオが大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと惹かれ合っていく様を描いた作品。オリヴァーを相手に初めての恋を知るエリオ役をティモシー・シャラメ、オリヴァー役をアーミー・ハマーが演じる。監督は『胸騒ぎのシチリア』のルカ・グァダニーノ。

予告編では、エリオとオリヴァーの出会いから次第に惹かれ合っていく様が映し出されている。2人が自転車に乗る様子や涙を流すエリオの姿、オリヴァーが「君の名前で僕を呼んで、僕の名前で君を呼ぶ」と語りかけるシーンなどが確認できる。またスフィアン・スティーヴンスが同作のために書き下ろした楽曲“Mystery of Love”が使用されている。

なお同作は『第71回英国アカデミー賞』で作品賞、監督賞、主演男優賞など5部門にノミネート。これまでに世界の映画賞で185部門にノミネートし、49部門を受賞している。日本公開は4月。

作品情報

『君の名前で僕を呼んで』

2018年4月からTOHOシネマズシャンテほか全国で公開
監督:ルカ・グァダニーノ 脚色:ジェームズ・アイヴォリー 原作:アンドレ・アシマン 出演: ティモシー・シャラメ アーミー・ハマー マイケル・スタールバーグ アミラ・カサール ほか 上映時間:132分 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『君の名前で僕を呼んで』海外版予告編公開 青年同士の恋の痛みと喜び描く

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて