ニュース

ローレンス・ウィナーの個展が明日から開催 英語と日本語使った新作発表

ローレンス・ウィナー『LEFT IN A CLEFT OF A TREE』 ©2017 Lawrence Weiner / ARS, New York / JASPAR, Tokyo, Courtesy of TARO NASU
ローレンス・ウィナー『LEFT IN A CLEFT OF A TREE』 ©2017 Lawrence Weiner / ARS, New York / JASPAR, Tokyo, Courtesy of TARO NASU

ローレンス・ウィナーの個展『WATER & SOME OF ITS FORMS』が、明日1月13日から東京・馬喰町のTARO NASUで開催される

1942年にアメリカ・ニューヨークで生まれたアーティストであるローレンス・ウィナー。1960年代から自身の芸術を「インフォメーション」と称し、言語や記号、図形などで構成される作品を発表している。

『水とその形態のいくつか』と題された同展では、「水」「塩水」「淡水」「中性子」「黒鉛」といった単語と、それらを関係付ける文や記号、図形などで構成される新作を発表。英語と日本語が使用されている同作は、ウィナーが用意した英語のテキストに対して、ギャラリーが複数の日本語訳を用意し、ディスカッションの後にウィナーが日本語訳を選択するというやり方で完成されたという。

初日の1月13日にはレセプションを開催。詳細はTARO NASUのオフィシャルサイトで確認しよう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問